オープン社内報🔫 社員インタビュー 精華学園高等学校 錦糸町校 菊池章吾さん ~可能性の向こう側~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

オープン社内報🔫 社員インタビュー 精華学園高等学校 錦糸町校 菊池章吾さん ~可能性の向こう側~

株式会社ジプロス

皆さん、こんにちは。
スポーツ事業部の浅井(@ケニチロ)です。

精華学園高等学校 錦糸町校の菊池章吾さんにインタビューいたしました。よく社内スラックやlineで見かけるけれど、いったい何者……?と思っていたのは、私だけではないはず。(笑)
これを機会に、まだ入社半年とはいえ謎に包まれている菊池さんを、知るキッカケになれば幸いです。

※今回はあくまで菊池さんのインタビューということなので、精華学園高等学校についての話はかなりの部分割愛させていただいております。
気になる方は下のリンクよりHPをご参照ください。錦糸町校専用サイトは鋭意制作中とのことです。


精華学園の何でも屋

お約束した時間に菊池さんを訪ねて精華学園高等学校 錦糸町校へお邪魔した。広い教室とは言えないかもしれないが、コワーキングスペース風でとても集中して作業できそうだ。仕事に煮詰まった時などは、本当にお貸りしたいくらいである。

菊池さん:「この前作った名刺的には、精華学園高等学校 錦糸町校の開発部所属となっていますね。
精華学園高等学校のスタッフであることに間違いはないですが、正直なところ「なんでも屋」と思っていただければわかりやすいでしょうか。(笑)」

菊池さんの仕事は多岐にわたる。日々発生する事務や教務的な仕事はもちろん、最近ではHPやSNSの運営など広報活動に力を入れているとのこと。また、ジプロスの教育事業部や英語事業部をお手伝いすることもあるらしく、なんでも屋というのは嘘偽りない事実のようだ。

写真②

失望の中学校教員時代からコロナ禍を経て

現在のお仕事が分かってきたところで、これまでの経歴を聞いてみた。

菊池さん:「大学卒業後に中学校で先生として、3年ほど働いていました。ただ……悪い方向で衝撃を受けましたね。自分のいたときと何にも変わっていないんですよ。いまだに半分強制の朝練なんてやってんの!?みたいな。」

教育現場の旧態依然とした閉鎖空間は、若者のやる気を削ぐには十分な環境だった。精神的にも肉体的にも疲弊した菊池さんは、オーストラリアへ1年留学へ出る。

菊池さん:「英語の勉強をもっとしてみたいという気持ちもありましたが、それが理由の半分ですね。あんまり先のことは考えずに、遠くの開かれた場所に行ってみたいという気持ちが強かったように思います。」

今でも休みの日は旅行に出かけることもあり、外の世界を知ったりすることが好きで、好奇心旺盛な性分のようだ。現地の学校に通い英語を学ぶ以上に、海外での自由でフラットな生活が菊池さんの財産になっていると感じられた。日本の学校は菊池さんには狭すぎたらしい。

菊池さん:そのあと帰国して、ツアーガイドの仕事をしていたんですが、去年で全部ひっくり返っちゃいましたね。コロナの影響で転職を余儀なくされて……それも1年に2度。自分でもビックリです。

1度の留学と3度の転職。まだ28歳ながら山あり谷ありの不思議なキャリアである。先生というよりはビジネスマン的空気で、20代に見えないのは、彼の経験値の高さゆえだろうか。いや、ただ老け顔だから?(笑)

ジプロスとの出会いと今後

ジプロスとの出会いで一番印象に残っているのは、採用面接だという。

菊池さん:あれは面接だったんですかね。(笑)
ただ教育について語り合うみたいな感じで、全然面接っぽくなかったんですよ。で、そのあとの最終試験が、動画でこれからのビジネスについてプレゼンするという内容で。面白い会社だなーと感じたのをすごく覚えています。

ジプロスらしいなと、思わず笑ってしまった。変な会社だと思われ、入社を断られなくて良かった。インタビューの最後にジプロスとはどんな会社だと感じているか聞いてみた。

菊池さん:なんですかね……。自分を出せる場所でしょうか。「やること決まっていてそれに従うだけ」ということが全然ないので、やり甲斐がありますね。可能性を感じます。まぁ、しんどい時も結構ありますけど。(笑)

言葉とは裏腹な素敵な笑顔がとても印象的だった。

画像3

帰り際にもらった精華学園のパンフレット。『新しいスタートが、ここから始まる。』というのは、菊池さんにあまりにピッタリの言葉ではないだろうか。新しいスタートから可能性の向こう側へ、自身も生徒も連れて行ってほしい。

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
シェアもしちゃいましょう!
株式会社ジプロス
総合教育と人財育成事業の株式会社ジプロスの情報を発信していきます。お問い合わせは公式HP(https://jiproce.co.jp/)から