hideki@鉄分多め

鉄分多めなシステム屋。 属性は乗り鉄だが、バスもフェリーも飛行機も好き。登山も好き。 日本地図を眺めては、「今度はどこを攻めようか?」と考える日々。 お気に入りは、しまなみ海道・木次線3段スイッチバック・火打山。 行きたいところは、屋久島・鳥海山・沖永良部島。

hideki@鉄分多め

鉄分多めなシステム屋。 属性は乗り鉄だが、バスもフェリーも飛行機も好き。登山も好き。 日本地図を眺めては、「今度はどこを攻めようか?」と考える日々。 お気に入りは、しまなみ海道・木次線3段スイッチバック・火打山。 行きたいところは、屋久島・鳥海山・沖永良部島。

    マガジン

    • 時刻表探求

    • クラウドサービスのお勉強。(AWSにAzureも)

    • リーダーのお仕事日記

      ざっくり「管理」と言われてしまうリーダーのお仕事。 いろんなやり方があり、お手本もあるのだと思います。 しかしながら現在進行形なので追々勉強しつつも、後から振り返られるように日記的に書き込みます。

    • ICT活用あれこれ

    • 東西南北旅行記

      日本全国、様々なところに旅行した過去を振り返ります。 書いているうちに、「もう一度行きたい!」と思えてくることでしょう。

    最近の記事

    準急 しんじ(1964年10月)

    JTBさんが出している、時刻表完全復刻版1964年10月号。57年前、東京〜新大阪に新幹線が開通した年です。 ページをめくっていた時に、ふと目に止まった列車がありました。山陰本線を走る、準急「しんじ」です。(「宍道湖」の「しんじ」) 目に止まったのは以下の点です。 宇野発、博多行きという、超大回り経路 石見益田から、山陰本線経由・山口線 山陽本線経由に分かれる経路 宇野発9:30、博多着22:17。 夜行でもないのに、12時間47分の長時間運転です。 さて、目に止

      • E4系Max同士の併合

        E4系Maxが来週末の2021年10月1日で定期運用が終了します。 1997年から24年運行され、引退間近ということで、乗りに行ってきました。 行った先は、高崎駅です。 乗る列車はこちら、高崎21:39発のMaxとき348号・Maxたにがわ348号です。 (JTB時刻表2021年3月号より) 新幹線同士の併合というと、 盛岡でE5系はやぶさ・E6系こまちの併合、 福島でE2系やまびこ・E3系つばさの併合はありますが、いずれも別の車両です。 E4系同士が併合するのは、レア

        • 書評:比べてわかるIaCの選び方(クラウドネイティブIaCストーリー)

          2021年7月11日に技術書典11に行ってきました。 そこでの戦利品。 比べてわかるIaCの選び方(クラウドネイティブIaCストーリー)です。 (イラストがかわいい。。。!) IaC(脚注)で、Terraformは使ってますが、新しいプロジェクトでIaCを考える際に盲目的にTerraform使おうとしたら、「技術選定した方がよいのでは?」と指摘を受けまして。 その他のIaCというと、CloudFormation、AWS CDK? AzureだとARMテンプレート? C

          • 週休2.5日制の働き方

            2021年4月から、金曜日は半ドンの仕事生活を送っています。 午前休みで午後だけ仕事。または、その逆で、午前だけ仕事で午後休み。 いずれにせよ、金曜日は半日だけ。 今年の4月に会社の勤務体系が変わりました。 スーパーフレックスで、毎月の営業日数×8時間を満たしていれば問題なし。 20営業日であれば160時間働けばOK。極論、24時間×7日働けば残りの13営業日は休める。 まぁ、極端な働き方をすると体を壊すので、あまり極端には走らないようにしようと思いつつ、スーパーフレック

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 時刻表探求
            hideki@鉄分多め
          • クラウドサービスのお勉強。(AWSにAzureも)
            hideki@鉄分多め
          • リーダーのお仕事日記
            hideki@鉄分多め
          • ICT活用あれこれ
            hideki@鉄分多め
          • 東西南北旅行記
            hideki@鉄分多め
          • データベースを理解する
            hideki@鉄分多め

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            学習意欲は自分で湧かせる

            プログラマとかSEは35年定年説が囁かれます。(正直、眉唾ですが) 今年44歳になるのですが、この年になってAWSの資格取ったりして、比較的学習意欲が湧いたりしているのです。 今まで携わってきたプロジェクトは、だいたい↓でした。 - 自分が作ったものを誰かに検証してもらう - メンバーが作ったものを自分が検証する。(ただ、自分の知見でなんとかなる範囲内) わりと、学習するのは好きで、仕事で携わっていた内容からちょっと広い範囲のことを学習し、吸収していきながら、いろいろとで

            自衛隊 東京大規模接種センターに行ってきた

            新型コロナウイルスのワクチン接種1回目に、大手町に行きました。 どんな感じだったの?というのは、このレポまんが通りなので、割愛。 個別に、「おお!」と思ったところと、その後の経過を記録しておきます。 シャトルバス(8時57分発)東京駅から接種会場までシャトルバスが出ています。 JR東京駅の丸の内南口を出て徒歩2分ほど。はとバス乗り場から続々と東京空港交通(エアポートリムジン)とか、都営バスなどが続々と発車していきます。(概ね6分間隔) バスは8時57分に発車し、9時1

            プロジェクトメンバーからの学び

            改めて実感したことを書きます。 プロジェクトリーダーとしても以下のポイントを持って、大きな学びを得られました。 ポイント①:「原理原則ではどうなの?」を判断基準にする ポイント②:メンバーに極力お任せする。 ここ2年ほど携わっているプロジェクトでは、自分の知見がない分野について、学んだことが多々あります。(現在進行形) このプロジェクトでは、リーダーやってます。 リーダーであるがゆえに、自分の知らない分野のことについても判断をすることも多々あります。 問われたことについ

            ポリープ!人間の身体の奥に潜む隆起性病変を捕獲せよ!

            去年、健康診断を受けた時の結果で「要精密検査」が出まして。 疾患名は「潜血便」です。 下部内視鏡検査を受けてきてね、との診断をもらったわけです。 大腸内視鏡って、10年ほど前に受けた覚えがあるのだけれど、ちっとも覚えておらず。今回はちゃんと記録を残しておきましょう。 検査前のセットが届く検査の予約をして数日、速攻で検査前に飲む下剤のセットが届きました。 なかなかの存在感です。 届いたものの、飲むのは検査前々日からです。 なので、しばらく部屋の隅に置いておきました。 前

            急行「いなわしろ4号」(1978年10月)

            今回は、急行「いなわしろ4号」を紹介します。 この列車の特殊なのは行き先です。 まぁ、名前からして磐越西線経由で会津若松に行くんだろうなぁ、と類推はできるのですが、行き先は一つだけではありません。 (交通公社の時刻表 1978年10月より) - 喜多方行き - 只見行き - 会津田島行き なんと、行き先が3つあります。3つとも「いなわしろ4号」です。 これ、乗る方も案内する方も大変だったことでしょう。。。 仙台16時15分、普通列車が発車します。 行き先は喜多方・只

            急行「たざわ1号・陸中1号・むろね1号」(1978年8月)

            1978年10月の交通公社の時刻表から。 まだ東北新幹線が開通しておらず、上野から青森までは特急で9時間を要していました。 東北では特急・急行が多数運行しており、分割・併合を行う多層建て列車も多数運行されていました。そのうち、分割・併合を何度も行っていた、列車についてご紹介します。 急行「たざわ1号・陸中1号・むろね1号」です。 仙台東北本線のダイヤ。 (交通公社の時刻表 1978年10月号より) 3つの列車が併結されています。この時点でかなり素敵な予感です。 それぞれ

            「COCOA」に通知が来る条件を確認してみる

            私が使っているスマートフォンは、Androidのものではなく、iPhoneですが、通知が来たことはありません。COCOAもリリース当初から入れています。(使用中の日数はリセットされてしまいましたが。。。) そもそも、どういう条件を満たしたら通知が来るんだっけ、というのをよく知らなかったので、根拠にあたってみます。 仕様書を読んでみましょう仕様書は政府CIOポータルで公開されています。 接触者の定義 2.前提条件  1) 本アプリの接触者の定義から引用。 陽性者との接触

            徳島をめぐる弾丸ツアー(2019年8月)

            この日は、徳島県民プロデュースのおまかせツアーです。 めいっぱい徳島をめぐり、堪能しました。 はじまりは鳴門。 鳴門駅近くのホテルで車で拾ってもらい、向かった先は那賀町です。 大龍寺ロープウェイ太龍寺ロープウェイは徳島県那賀郡那賀町(旧:那賀郡鷲敷町)で運行しています。全長2,775メートルで西日本で最長です。(※1) 那賀川がよく見えます。 このロープウェイは山を越えます。 何か居ました。解説があったように思うのだけれど、忘れてしまいました。。。 山頂の太龍寺は徳

            阿佐海岸鉄道 阿佐東線(2019年8月)

            徳島には仕事で何度も来たし、2018年にも徳島マラソンに出るために来ていました。また、鳴門も大塚国際美術館(2018年の紅白歌合戦で使われてましたね!)も2012年に来てました。(慌ただしかったけど) 私は橋が好きで、「来島海峡急流観潮船」でしまなみ海道の来島海峡大橋を眺めたり、「瀬戸大橋周遊観光船」で瀬戸大橋の下津井瀬戸大橋を眺めたりしました。 本州四国連絡橋のもう一つ、大鳴門橋はバスで何度も通過しているけれど、ちゃんと眺めたことはありませんでした。さて、今回は? 今回

            テレワークができない!?

            「さて仕事しようかな」と思って、PCを立ち上げてログイン。 ブラウザを立ち上げると。。。 「インターネットに接続されていません」 はて。。。 あれ、インターネットにつながらないの?と思って、Wi-Fiの状態確認。 「インターネットなし」 ふむ。。。 まぁ、こういう時は、ルータを再起動なのですよ。 電源入れ直し。 iPadはWi-Fi繋がった。問題なし。 よしよし。 じゃ、PCで作業するか。 「インターネットなし」 んー。。。 もうすぐ仕事始まる時間なんだけど。

            会話を何往復かするつもりで話す

            長時間一方的に説明されて「これでいいですか?」と結論を求められる。これ、苦手。 私は、あまり長いやり取りは頭に入りきらないので、相手とのやりとりをしたいです。長時間一気にしゃべられると、最初の方の内容はどこかに飛んでいってしまいます。 ******* 先日あった事例。 Xさんが、プランA・プランB・プランCを説明するスライドを作って、それを20分で一気に説明して、Yさんに「はい、どれが良いですか?選んでください!」と促すシーンを見ました。 あまりにもXさんが一方的に

            2021年にやりたいこと

            冒頭から早速ですが、こうありたいです。 1. 広く手を広げる 2. 手を動かして理解を深める 3. それがあるとなぜ嬉しいのかを説明する これを踏まえて今年やりたいこと。 定期的にアウェーの場に身を置くようにする自分は同じことをあえて違うやり方でやってみることが多いです。 学生の頃は、問題集の問題を解く時にも別解を探してみたりしてました。 「違う設定をしてみたらどうなる?」「順番を変えてみたらどうなる?」といったこと。それを試してみた結果、世の中の一般的なやり方に帰結す