HUAWEI制裁で漁夫の利を得るのは?

こちらでも少し書きましたが、Android端末市場でトップシェアをもつHUAWEIが、今回のような形で強制退場させられることによって、競合メーカーは漁夫の利を得られることになりそうです。

Samsungの巻き返しなるか?

漁夫の利筆頭はやはりSamsungではないでしょうか?
Galaxyである程度のブランドを築いた実績は大きく、また今回の新機種のブランディングにも相当熱が入っています。
先月ベトナムへ行った時も、ノイバイ国際空港はGalaxy S10+のバナーだらけでしたw

大穴の対抗馬はASUS?

私個人の考えですが、ASUSはHUAWEIのセグメントに近いプロダクトのラインナップを持っているんですよね。
Nova lite3、P20 lite→ZenFone Live
Mate20、P20→ZenFone 5、ZenFone Max Pro M2
Mate 20 Pro、P20 Pro→ZenFone 5z、ZenFone 6
ざっとこんな所でしょうか。
海外ではそれなりに認知も高く、つい先日フラッグシップ機ZenFone6を発表したばかりですが、ノッチ無しのベゼルレスディスプレイにフリップカメラというかなり面白い機種に仕上がっています。
個人的にはASUSに頑張って欲しいな。

もっと頑張って欲しいのはAppleだけどw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
3
何でも屋さん。AKB48黎明期のコンテンツプロデューサー、遊技機のプロモーションディレクター、LINEのサービス・コンテンツプロデューサーを経て、ベンチャーで執行役員やったり子会社の経営管理やったりしてま、、、したw

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。