SEO野郎
課金コンテンツにQ&A構造化データのマークアップを行うことをGoogleは非推奨
見出し画像

課金コンテンツにQ&A構造化データのマークアップを行うことをGoogleは非推奨

SEO野郎

課金コンテンツのQ&A構造化データのマークアップ

2019年1月25日のGoogle Japanese Web Master Office Hourにおいて、ペイウォールコンテンツとQ&A構造化データを併用することが問題ないか、という質問が寄せられました。

フレキシブルサンプリングによってユーザーには課金コンテンツをペイウォールの背後に配置しつつ、QAPageの構造化データでマークアップすることでリッチリザルトを表示させたいというのが質問の意図でした。

ペイウォールコンテンツを構造化データでマークアップすること自体はschema.orgの仕様としては問題ありません。

しかしその実装は、構造化データは目に見えるコンテンツに対してマークアップするというGoogleのガイドラインに若干抵触します。

ということでGoogleの回答としては、ペイウォールコンテンツ、すなわち課金していないユーザーが閲覧することができないコンテンツを構造化データでマークアップするのは非推奨ということでした。

構造化データのマークアップは各種ガイドラインを確認しながら

リッチリザルトはCTRに大きく貢献するポテンシャルがありますが、構造化データは種類によって細かくガイドラインが定められている扱いが複雑な技術でもあります。

構造化データは、Googleのウェブマスター向けガイドラインと併せてschema.orgなどのボキャブラリの仕様を確認しながらマークアップを行うのが良さそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SEO野郎
SEO野郎です。 メディアをたくさん運営してきました。 メディアとSEOが好きです。 毎日何かしら更新します。 SEOのご相談お気軽に。