SEO野郎
海外のccTLD(国別コードトップレベルドメイン)でサイトを運営するのはSEOに不利
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

海外のccTLD(国別コードトップレベルドメイン)でサイトを運営するのはSEOに不利

SEO野郎

一般ユーザーが利用することのできるドメインをトップレベルドメインで分けると、大きく分けて国別コードトップレベルドメイン(ccTLD:country code Top Level Domain)と分野別トップレベルドメイン(gTLD:generic Top Level Domain)に大別されます。

その他にもインターネットインフラ用のドメインであるIngrastructure TLDが存在しますが、これは一般ユーザーの登録対象ではありません。

SEOには自国のccTLDか汎用gTLDが推奨

ドメインの性質がSEOに影響するケースは少なからず存在します。

海外のccTLDをサイトのドメインに使用してしまうケースがその一つです。

日本で運営されていながら海外のccTLDを使用しているウェブサイトの例をいくつか紹介します。

・note(https://note.mu/):「.mu」(モーリシャスのccTLD)
・いくつかのベンチャーキャピタル:「.vc」(セントビンセント・グレナディーン諸島のccTLD)
・ラブグラフ(https://lovegraph.me/):「.me」(モンテネグロのccTLD)
・ask.fm(https://ask.fm/):「.fm」(ミクロネシアのccTLD)
・いくつかのAI企業:「.ai」(アンギラのccTLD)
・いくつかの女性向けサービス:「.lv」(ラトビアのccTLD)

そもそもccTLDとはそのウェブサイトがそのccTLDが割り振られた国のウェブサイトであるという指標の一つです。

サイト運営を行う国以外の国のccTLDを使用すると、インデックス、ランキングに一定のネガティブな影響を与えるということはGoogleも明言しています。

正直海外のccTLDを使用することがSEOに大きな悪影響を与えることは稀ですが、特に大規模サイトほどウェブサイトのドメインには自国のccTLD、または「.com」などの汎用的なgTLDを採用するのが無難です。

ccTLD(国別コードトップレベルドメイン)一覧

ccTLDとは、国 / 地域ごとに割り当てられたトップレベルドメインで、原則的に ISO(国際標準化機構)のISO3166で規定されている2文字の国コードが使用されます。

ccTLD 割り当てられている国 / 地域
ac アセンション島
ad アンドラ
ae アラブ首長国連邦
af アフガニスタン
ag アンティグア・バーブーダ
ai アンギラ
al アルバニア
am アルメニア
an オランダ領アンティル
ao アンゴラ
aq 南極
ar アルゼンチン
as アメリカンサモア
at オーストリア
au オーストラリア
aw アルバ
ax オーランド諸島
az アゼルバイジャン
ba ボスニア・ヘルツェゴビナ
bb バルバドス
bd バングラデシュ
be ベルギー
bf ブルキナファソ
bg ブルガリア
bh バーレーン
bi ブルンジ
bj ベナン
bl サン・バルテルミー
bm バーミューダ
bn ブルネイ
bo ボリビア
bq ボネール島, シントユースタティウス島, サバ島
br ブラジル
bs バハマ
bt ブータン
bv ブーべ島
bw ボツワナ
by ベラルーシ
bz ベリーズ
ca カナダ
cc ココス諸島
cd コンゴ民主共和国
cf 中央アフリカ共和国
cg コンゴ
ch スイス
ci コートジボワール
ck クック諸島
cl チリ
cm カメルーン
cn 中国
co コロンビア
cr コスタリカ
cu キューバ
cv カーボベルデ
cw キュラサオ島
cx クリスマス島
cy キプロス
cz チェコ
de ドイツ
dj ジブチ
dk デンマーク
dm ドミニカ
do ドミニカ共和国
dz アルジェリア
ec エクアドル
ee エストニア
eg エジプト
eh 西サハラ
er エリトリア
es スペイン
et エチオピア
eu ヨーロッパ連合
fi フィンランド
fj フィジー
fk フォークランド諸島
fm ミクロネシア
fo フォロー諸島
fr フランス
ga ガボン
gb イギリス
gd グレナダ
ge グルジア
gf フランス領ギアナ
gg ガーンジー島
gh ガーナ
gi ジブラルタル
gl グリーンランド
gm ガンビア
gn ギニア
gp グアドループ
gq 赤道ギニア
gr ギリシャ
gs サウスジョージア島, サウスサンドイッチ島
gt グアテマラ
gu グアム
gw ギニアビサウ
gy ガイアナ
hk 香港
hm ハード・マクドナルド島
hn ホンジュラス
hr クロアチア
ht ハイチ
hu ハンガリー
id インドネシア
ie アイルランド
il イスラエル
im マン島
in インド
io イギリス領インド洋地域
iq イラク
ir イラン
is アイスランド
it イタリア
je ジャージー
jm ジャマイカ
jo ヨルダン
jp 日本
ke ケニア
kg キルギス
kh カンボジア
ki キリバス
km コモロ
kn セントクリストファー・ネイビス
kp 北朝鮮
kr 韓国
kw クウェート
ky ケイマン諸島
kz カザフスタン
la ラオス
lb レバノン
lc セントルシア
li リヒテンシュタイン
lk スリランカ
lr リベリア
ls レソト
lt リトアニア
lu ルクセンブルク
lv ラトビア
ly リビア
ma モロッコ
mc モナコ
md モルドバ
me モンテネグロ
mf サン・マルタン島
mg マダガスカル
mh マーシャル諸島
mk マケドニア
ml マリ
mm ミャンマー
mn モンゴル
mo マカオ
mp 北マリアナ諸島
mq マルチニーク島
mr モーリタニア
ms モントセラト
mt マルタ
mu モーリシャス
mv モルディブ
mw マラウイ
mx メキシコ
my マレーシア
mz モザンビーク
na ナミビア
nc ニューカレドニア
ne ニジェール
nf ノーフォーク島
ng ナイジェリア
ni ニカラグア
nl オランダ
no ノルウェー
np ネパール
nr ナウル
nu ニウエ
nz ニュージーランド
om オマーン
pa パナマ
pe ペルー
pf フランス領ポリネシア
pg パプアニューギニア
ph フィリピン
pk パキスタン
pl ポーランド
pm サンピエール島, ミクロン島
pn ピトケアン島
pr プエルトリコ
ps パレスチナ
pt ポルトガル
pw パラオ
py パラグアイ
qa カタール
re レユニオン
ro ルーマニア
rs セルビア
ru ロシア連邦
rw ルワンダ
sa サウジアラビア
sb ソロモン諸島
sc セイシェル
sd スーダン
se スウェーデン
sg シンガポール
sh セントヘレナ島
si スロベニア
sj スバールバル諸島, ヤンマイエン島
sk スロバキア
sl シエラレオネ
sm サンマリノ
sn セネガル
so ソマリア
sr スリナム
ss 南スーダン
st サントメ・プリシンペ
sv エルサルバドル
sx シント・マールテン島
sy シリア
sz スワジランド
tc タークス諸島, カイコス諸島
td チャド
tf フランス領極南諸島
tg トーゴ
th タイ
tj タジキスタン
tk トケラウ諸島
tl 東ティモール
tm トルクメニスタン
tn チュニジア
to トンガ
tp 東ティモール
tr トルコ
tt トリニダード・トバゴ
tv ツバル
tw 台湾
tz タンザニア
ua ウクライナ
ug ウガンダ
uk イギリス
um アメリカ領太平洋諸島
(ミッドウェー, ジョンストン, ウェーク島)
us アメリカ合衆国
uy ウルグアイ
uz ウズベキスタン
va バチカン市国
vc セントビンセント・グレナディーン諸島
ve ベネズエラ
vg イギリス領バージン諸島
vi アメリカ領バージン諸島
vn ベトナム
vu バヌアツ
wf ワリス・フテュナ諸島
ws 西サモア
ye イエメン
yt マヨット島
za 南アフリカ共和国
zm ザンビア
zw ジンバブエ

SEOに無難なドメイン選びを

いたずらに変なドメインを採用してしまうと、ウェブサイト運営の一番初めの段階から他サイトよりも不利な戦いを強いられることになります。

字面的に魅力的に見えるドメインもあるにはありますが、そこはやはり余計なリスクを取らないためにも「.jp」「.com」あたりの汎用的なドメインを採用することをお勧めします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SEO野郎
SEO野郎です。 メディアをたくさん運営してきました。 メディアとSEOが好きです。 毎日何かしら更新します。 SEOのご相談お気軽に。