見出し画像

行き場のない“迷木”を有効活用する武田製材


三重県大台町の武田製材が行き場のない“迷木”を有効活用するユニークなビジネスを展開している。小径木や曲がり材を含めた様々な丸太を集め、超多品種少量生産の方針を貫いて商品化している。→詳しくは、「林政ニュース」第640号(2020年11月4日発行)でどうぞ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。
森と木と人をつなげる最新情報をお伝えしていきます。