見出し画像

ゲストは田村淳さん!エンタメ業界関係者による新ファンド「WONDERTAINER FUND」第1回クローズド スタートアップMeet up開催レポート

当社が2月に設立した次世代のエンターテイナーが活躍できる場づくりを推進するファンド「WONDERTAINER FUND(ワンダーテイナー ファンド)」は、これまでエンターテインメント業界を牽引してきた企業・著名人などが主な出資者となっており、エンターテインメントの新たなプラットフォーム創出やDX推進などに取り組む、シード期のスタートアップ企業を投資対象としています。

今後、投資に加え出資者である企業やタレント・アーティストと連携したビジネス構築やナレッジ・ネットワークの共有など、様々な支援を通じて次世代のエンターテイナー及び日本のエンターテインメント業界の発展に貢献していきたいと考えております。

https://firebug.jp/?news=20220215

そのような思いで、先日都内某所で第1回目のクローズド スタートアップMeet upを開催いたしました!ゲストは「WONDERTAINER FUND」の出資者である、田村淳さん

第1回目の参加企業は、レターファンWithLIVEアダビトTooonNELのエンタメ関連サービスに取り組む計5社。当社CIO兼ファンド責任者である宮崎聡より会の趣旨を説明、田村淳さんよりひと言いただき、和やかな雰囲気でスタートしました。

各社代表に事業内容について10分ずつピッチいただき、その後、田村淳さんが著名人LP代表の立場で事業の成長をサポートできるかの視点で代表の方々とブレストさせていただきました。

田村淳さんは各社のピッチを興味深い面持ちで聞いた後、自身が利用者となった場合の視点でのコメントや自身のご経験に基づくアプローチで各社に対する印象、アドバイスを披露されていました。ご自身のアイデアはもちろん、競合企業との競争優位性に触れたり、プロダクトデザイン、UI・UX、ネットワーク、販路開拓等に至るまで幅広い知見に裏打ちされたコメントに各代表も熱心に聞き入っていました。

一方で各代表の方は、開始直後は緊張した面持ちでピッチに望まれていましたが、徐々に白熱したプレゼンとなり、田村淳さんに対して自社サービスに対する意見を自ら求める場面や、今後の事業内容、グロース方法、顧客開拓等、事業拡大戦略の様々な側面について、芸能人・著名人視点でのアドバイスを複数回求めるシーンも見られ、白熱した議論が展開されました!

▼当日の様子

今後も、エンターテインメントの新たなプラットフォーム創出やDX推進などに取り組む、シード期のスタートアップ企業を対象に、Meet upを定期的に開催予定です!
ぜひご注目ください。

「WONDERTAINER FUND」についてご興味がある方は、FUNDの最新情報やMeet upの最新情報をお知らせいたしますので、「WONDERTAINER FUND」公式Twitter(@WTF_firebug)を是非フォローしてください!DMも解放しております。

また、FIREBUG HPのCONTACTページよりお問い合わせしていただくことも可能です。
「□WONDERTAINER FUND の最新情報希望」の項目をチェックいただき、
「お問い合わせ内容」の欄に”FUNDの最新情報希望”という文言とTwitter ID(及び他SNSアカウントIDでも可)をご記載ください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!