日本ビジネスアート(JBA)|インターン生note、始めます。
人生変わります、マジで
見出し画像

人生変わります、マジで


初めまして!北海道大学経済学部3年、札幌オフィスの草塩統希です。
最近は就活で大忙しです(早く内定欲しい)。

今回は、「約3ヶ月間のJBA体験記」と「JBAに入って良かったこと3選!」の2項目に分けてお話ししたいと思います!(このnoteをきっかけに入ってくれる人がいたらいいな〜)

約3ヶ月間のJBA体験記

⑴JBAに入った理由
僕がJBAに入った理由は、結論「やべえ!就活何すればいいかわかんねえ!」です。僕は3年生の7月くらいから就活を始めたのですが、右も左もわからぬままダラダラと過ごし3ヶ月ほどが過ぎてしまいました。
そんな感じで「俺就職できんの、、?」と思っていた矢先、長期インターンという存在を知り、[札幌 長期インターン]で検索してヒットしたJBAに応募しました。ただ、コンサルティング?学生主体?と中身が全然わからない怪しさ全開の会社に不信感しか無かった僕は、面接が凄く怖かった記憶があります。
しかし、そこで面接をしてくださった学生リーダーの吉野さんという方が今まで出会った中でトップクラスに優秀な方で「自分もこうなりたい!事業内容はよくわからんけどこの人と働きたい!」と思い、入社を決めました。

⑵入社後に立ちはだかる壁
無事に選考通過し入社が決定した僕ですが、そこで大きな壁にぶち当たります。
なんと会話の内容がさっぱりわからないのです。ゴール収集?仮説思考?MTG?なんじゃそりゃと、本当に同じ大学生かと。今まで出会ってきた大学生とはレベルがまるで違い、強く衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。そこからの毎日、必死に食らいつきました。仕事も必死に真似をしながら進めたり、わからない言葉を調べ聞き、気づいたら1ヶ月が経っていました。その頃には環境にもすっかり慣れ、毎日仕事するのが楽しくなっていました。
食らいつくのは正直大変ですが、その先の成長した自分に出会えるのが分かる環境なのでめげずにくらいつけたのかな、と思います。

⑶ついに初めての担当案件!しかし、、
そして初めて自分が担当者として案件を任されます。某大手飲料メーカーの海外マーケティング戦略に関する案件です。「こういうの待ってました!」と最初は意気揚々と案件に臨んだものの、またもや壁にぶち当たります。
言葉は分かるようになってきたのですが、マーケティング調査の方法がわからない、企画書の作り方がわからないなど実践的な部分で挫折してしまいました。ただそんな時は優しい先輩が手を差し伸べてくれます。「わからないことは電話でもDMでもいいからすぐ聞け」という言葉をいただき、常に連絡を取りながら案件を進めました。やってるうちに要領を掴み、なんとか案件を完了させることができました。案件を通して2回りくらいの成長を実感できています。

JBAに入ってよかったこと3選!


ここまで一通り僕の3ヶ月間のJBA体験記を話したので、ここからは入社してよかったことを3つご紹介しようと思います!

⑴就活だけではなくもっと広い視野で社会を捉えられるようになる
就活何すればいいかわかんねえ!で入社した僕ですが、様々な業界の様々な企業とお取引のあるJBAで働くことで、「あ、この業界ってこんな仕事してるんだ」とか「この会社こんなことしてたの!?」ということが身にしみてわかるので、社会全体を見て就活を進められました。また、内定がゴールになってしまう就活生が多い中、実際に働く経験をすることで入社した後まで考えて就活を進められるので、広い視野で会社選びをできるようになりました。

⑵優秀な人と出会える
JBAの学生はみんな優秀です(お世辞抜きで)。一年生なのにプログラミング!?二年生なのにマーケティング!?と日々刺激を受けます。そんな人たちの中で過ごしていると自然と感化され、最初は給料目当てで入社した僕も、気づけばお金のためではなく成功させたいという気持ちで案件に取り組んでいました。そのくらい周りの人間の影響は大きいです。また、一緒に就活を頑張れる仲間と出会えたことも良かったと感じます。休憩時間などに情報交換をしたり、面接対策をしたりと同じ目標に向かって頑張れる仲間がJBAにはいます。

⑶人生の可能性を広げてくれる
最後だけ抽象的すぎて分からん、と思う人もいるでしょう。“あえて”抽象度の高いタイトルにしています。なぜなら人それぞれだから(今回は僕の例を話します(笑))。僕は高校生の頃から「金持ちになりたいなー」と思っていましたが、その思いを漠然と抱えたまま大学三年生になってしまいました。しかしJBAに入社し、深くビジネスのことを学んだことで、「こういうビジネスでこんな風に事業の立ち上げをすれば伸びるんじゃないか」などある程度の目星がつくようになりました(成功するかどうかは置いといて)。このように考えられるのもJBAのおかげです。人生が変わったと言っても過言ではありません。JBAに入社することがあなたにどんな影響を与えるかはわかりませんが、プラスに働くことだけは保証します。

まとめ

今回は自分の3ヶ月の体験談と入社して良かったことを書かせていただきました!
JBAのことを知ってnoteを読んでいるあなたはラッキーだと思います。不安なことはたくさんあると思いますが、勇気を出して入社してほしいなと思います。
自分も残りの1年、JBAでさらなる成長を遂げて社会へと旅立ちたいです。
ここまで読んでいただきありがとうございました!JBAで出会えることを楽しみにしています。

▼JBAに興味を持たれた方は、こちらから採用説明会にご参加いただけます!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!