新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日常の中の非常の備え

 2011年3月11日午後2時46分から早、9年を過ぎ、この間、我々は実に多くの惨禍にみまわれました。台風に洪水、土砂崩れに風水害、地震、大規模火災は引きも切らず世界各地を襲い続けています。それは私たちの心に刻まれ、消えることはありません。1000年に一度の非常時と言われ続けた大きな惨禍から10年を経ずに、この度の【COVID-19】という名の惨禍。

 世界は、自然環境に人の行き来や人も物も、直接的に接してきました。この倣いは太古の昔から現在まで通じ、人類の歴史そのものかもしれません。そこにあるのは、アナログに直接つながる人と人であり、自然ともリアルに繋がっていて、環境が変わろうとも時代が変遷しようとも、たとえデジタル化した通信網やITにAIが駆使されてもなお、その人と人の【つながりや生業】は人間である私たちの不変的な行動の原則とも言えます。

 老子 道徳経の第1章に【道の道とすべきは、・・・】を読む。
和訳すればこのようになるのか・・                  無から有を生じると言うと、線的な動きを想像するかも知れないが、決してそうではなく、無と有は円環を為していて始めも終わりも無いものである。同じものが、その状態の変化によって、名前や形を変えて存在する。
生と言い、死と言うのも、それらは、一時の状態の変化に過ぎない。「般若心経」の「是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減」ということと同じことをここで老子は述べているのである。孔子の儒教が儒学として発展した日本。孫氏や老子の兵法も進んで学びました。仏法も神道もあります。

 備えあれば憂いなし※1、の気概で人々は無い物ねだりで買いだめをするのか。備えが必要とされる時代にあって、何が【備え】なのかと、今、私たちは問われているのではないでしょうか。 物品が備われば私たちは幸せなのだろうか。危険が回避されるのだろうか。惨禍に見舞われずに済むのでしょうか。現在も風評が蔓延し、被災沿岸部の産物は売れず、農産物や流通も、この惨禍の中にある今。そんな経験をして疲弊したこのある私たちだからこそ今、自らは 風評を発せず、本質を見極め、目の前にある現実をとらえ、事実を認識して、行動に移すべき時なのでは、と感ずるのは私だけでしょうか。物事をしっかり考えるという意味の【備え】である【リテラシー ※2】が必要であり、現代に生きる私たちに今、求められているのではないでしょうか。

 【備えとしてのリテラシー】                    惨禍は常に隣にあると思い知り、生活をするなかで、表現された事案を、適切に理解・解釈・分析し発する事が肝要であり、そのうえで、自らは風評を発しない。風評に惑わされ乗らない。という考え方の備え。

今、私たちが直面する喫緊の課題に、【備えとしてのリテラシー】が発揮できるか否かが問われています。

※1 殷の宰相傳説の言葉。『書経』説命中には、「これ事を事とする(するべきことをしておく)乃ち其れ備え有り、備えあれば患い無し」とある。
「憂い」は「患(い)」とも書く。 

※2 何らかのカタチで表現されたものを、適切に理解・解釈・分析し、改めて記述・表現する

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご拝読戴きありがとうございます!これからもご拝読、お願い申し上げます。
私は仙台の中心部商店街の振興と、東北の観光や産業の振興、そして東日本大震災からの復興をバックアップしながら、日本の歴史観と国家観を大切にし、世の芸術文化愛し、そして家族と隣人を愛し自らの住む街の担い手として活動をしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。