見出し画像

Dia 3 コリア・デル・リオへ

3月31日(日)。マドリッドからコリア・デル・リオへの移動日です。

疲労を考慮して、この日の朝は遅め。7時半ごろをめどにホテルでブッフェ式の朝食をたべて9時45分ホテルを出発。11時の新幹線でセビリアに向かいます。

マドリッドのアトーチャ駅は、日本でいったら上野駅のようなところ。駅の真ん中に植物園があります。もともと植物園だったところを駅にしたとき、排除するのではなく、そのまま残して待合場所にしたのだとか。効率第一より生活の質の高さを大事にするって、こういうことなのかと感動します。

30分ほど自由時間がありましたが、スペインはスリが多いのでカバンは胸に抱えること、必ず2人以上で行動することをガイドさんからご案内いただきました。

スペイン人は時間にルーズだといわれますが、きっちりと正確なのは3つあるといわれており、そのうちの1つが新幹線Ave。フランス製とドイツ製の車両があり、今回はドイツ製のrenfeでした。出発のアナウンスもなければ笛も吹かれないので、乗り遅れたらそこで終わり。自己責任なので意識を高くしていなければなりません。

乗車時間は2時間半。疲れて寝ている選手もいれば、いよいよ始まるホームステイに備えてスペイン語を勉強している人も。文庫本を読んでいる人もいて、それぞれです。

2時前にセビリアに到着。やはり南国。北部で高地のマドリッドとは明らかに空の色が違います。

お昼ご飯は、イタリア料理。ポテサラもコロッケも慣れた味で少しほっとします。スペインに入ってから3食、ごちそう続きです。

4時前にコリア・デル・リオに到着。ホテルに荷物を置いてコリア・デル・リオ市内を歩いて回った後、6時半ごろホストファミリーがお出迎え。

ハポンさんたちの熱すぎる抱擁に、選手たちは少し恥ずかしそうです。


400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。