見出し画像

Dia 5 コリアFCへ

4月2日午後5時。コリアCFのトップチームのスタジアムに集合。するとさっそくゲートには「ようこそ コバルトーレ女川」の文字が。

入り口入ってすぐのスポンサーパネルにもコバルトーレのエンブレムが。今までにないホスピタリティで気持ちがあったまります。

そして、まずは恒例(?)の、スタジアムツアーです。

100年の歴史を誇るコリアCFには、過去に選手として活躍したハポンさんもいました。ベティスにあがった選手も2人います。セビージャに勝ったこともあります。そんな歴史が誇らしげに、たくさんのカップとともに展示されていますが現在は4部相当。地域リーグなのでスペイン全土に試合に行くわけではありません。選手はアマチュア契約で、昼間は学校に行ったり働きにいったりします。

ロッカールームは、アウェイ用もホーム用も簡素。違いはホーム用には氷風呂があるぐらい。しかし審判用専用の部屋も監督専用の部屋もちゃんと別々に用意されています。ホームの壁には「Trabajo」「Sucrificio」と「Ilusion」の3文字が大きく印刷されて貼ってあります。「動け」「周りのために(sacrifice)」「想像力を働かせろ」といったところでしょうか。

会議室では素敵なプレゼントが用意されていました。

会長さん自ら、選手一人ひとりの名前を読み上げて、コリアFCグッズをプレゼントいただきました。

マグカップには、コバルトーレ女川のエンブレムとコリアFCのエンブレム。その間にはハートのマーク。愛の詰まった、おもてなしに一同感激です。

そして、いよいよ試合です。相手は1学年下のU13。こちらはU14。今日は、明日のハセクラカップ本番では出番のなさそうな選手を中心に出すという話だったのですが、先発メンバーは、ほぼフル(笑)といっても後半からは、どんどん入れ替えて全選手がだいたいしっかりプレーしました。

結果は、2-0でコバルトーレの勝利!キックオフ直後は硬い感じがありましたが、リョウマ選手がゴール前のごちゃごちゃしたところを押し込んで先制し、しばらくして今度は同じくリョウマ選手が華麗なヘディングでたたきこみ前半終了。後半は控え中心の選手に代わりましたが危なげなく守り切って0-0。自信をもって明日に臨める結果です。

試合後、両チームの選手が握手しあっているうちに大盛り上がり。コリアFCの選手が「ベティコイヌイ!」と叫ぶとコバルトーレがイエーーーと雄たけびで返し、そのうち「ドラゴンボール!」→「イエーーー!」、「シンサン(たぶん、クレヨンしんちゃん)!」→「イエエエーー!」、、「FIFA(たぶんゲームのこと)」→「イヤアア!」と不思議な交流が生まれました。

明日は、いよいよハセクラカップ本番です。きっちり勝ちに行きましょう!

400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。