見出し画像

Dia 1 スペインへ

2019年3月29日(金)朝3時50分。

石巻をバスで出発して一路、成田空港へ。

早朝にも関わらず、選手たち、わりとテンション高め。

常磐道を通り、10時前に成田に到着し、特別室で結団式。

いよいよです。

液体は持ち込めないことやらパスポートやらユーロを受け取ったり、みんなでスーツケースを開けて最終確認。選手たちの顔つきも変わってきます。

チェックインを済ませ、身体スキャンを経て搭乗口へ。そして搭乗。

窓際に座っている選手たちも真ん中の列の選手たちも、今か今かとそわそわしだし。

飛行機が離陸した時には、「おおっ」と軽い叫び声が。

上がり切ってガクンとなったときには「ジェットコースターみてえ」(笑)

人生初・飛行機の人が多い感じでした。

そのあとは、みなさん静かに頑張って14時間を耐えました。

お食事は3回。日本語字幕はなかったけど映画も充実してました。

マドリードに到着したのは29日(金)の夜7時頃。14時間飛行機に乗ってたのに7時間しか経ってない感じです。

体調を崩す人もなく、疲れてはいたものの元気でした。

地下鉄に乗って隣のビルへ移動。スーツケースを取りに行きます。

ホテルに着いたのは8時過ぎ。そのまま寝てしまいたいところでしたが、やはり、お腹は空きます。徒歩で5分ほどのレストランに移動して、お食事会。心地よい風の夜道を、みんなでお散歩。きょろきょろです。

スペイン料理のお店です。

マドリード在住のハポン・ハセクラ後援会副会長が挨拶し「乾杯は、スペイン語でなんていうか知ってる?」というと、選手の1人から「サルー!(Salud)」という正解が。事前勉強もされていて素晴らしいです。

10時過ぎに帰ってきて解散。そのあと、近くのドラッグストアにお水を買いに行った人たちもいたので、就寝は、それなりに遅くなってしまったようです。長い1日でした。


3
400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。