忙しい朝こそ飲みたい”朝茶”のハナシ
見出し画像

忙しい朝こそ飲みたい”朝茶”のハナシ

こんにちは。ジャパニーズティー・レーベル公式ナビゲーターの茂木雅世です。
全国的に寒い日が続いていますね。
寒い朝、まだ起き抜けのはっきりしない頭で、お茶を飲んでいると思いだすことがあります。

朝茶は七里帰っても飲めという言葉


まだ実家から学校に通っていた頃。
リビングに行くと、毎朝決まってテーブルの上には、熱々のお茶がありました。
「朝ごはん、いらない」と出かける準備をしながら言う私に「お茶だけでも飲んでいきなさい」と母は良く言っていました。

「朝茶は七里帰っても飲め」
朝飲むお茶は、とても身体に良いので(※一里が約4キロだとすると)
約28キロ程の距離を帰ったとしても、飲んだ方が良いという意味合いの言葉です。

リラックスをもたらす成分”テアニン”と目を覚ましてくれる成分”カフェイン”。どちらも入っているお茶という飲み物は、朝飲む飲み物としてこれ以上にない最高な飲み物のようにも感じます。

そんな私は、大人になった今でも、布団から出ると一番最初に、お湯を沸かして、家族全員分のお茶を淹れています。

朝のボトリングティー

そうはいっても、一人暮らしの方や毎日仕事が忙しいという方も多い昨今。

「急須が家にない」「朝は忙しくてそんな余裕がない」「お茶の淹れ方に自信がない」など様々な理由で、お茶ではなく他の飲み物になってしまうという人も意外と多いかもしれません。

ペットボトルのお茶やティーバッグのお茶という選択肢もありますが、最高な朝茶としてボトリングティーを選ぶというのもアリだなあ…と最近思います。

4℃程の低温でゆっくりじっくりと抽出して作られたボトリングティー。
ポンとあけてそのままグラスに注げば、数秒程で本格的な味わいのお茶を楽しむことが出来るのが便利な点です。
その日の気分に合わせて、お湯やお水で割って濃さも調節OK。

お茶の葉本来の味わいを引き出しているため、朝、飲むと、きっと様々な感覚がゆっくりとONになっていくのを感じられると思います。
このお茶ならではの、心身ともにクリアになっていく過程が、私はとても好きです。

大切な仕事があるという日や気合いを入れたい日などは、朝茶の力に頼ってみるのもおすすめです。

現在、購入できるボトリングティー3種はこちら

ジャパニーズティー・レーベルでは、朝茶にもぴったりな3種類のボトリングティーを現在、販売中です。

① 100年もの間、風に吹かれ、大地のエネルギーを吸収する”幻のお茶”

② 急須では実現できないほど抽出された希少な「蒸製玉緑茶」

山間地域ならではの香りと有機栽培茶ならではの力強いスッキリとした後味を表現

購入方法のご説明はこちら

カートに入れるをクリックするだけで、簡単に購入することが出来ますが、改めて、こちらで購入方法を載せておきます。

気に入ったお茶が見つかったら、「カートに入れる」をクリック。

画像1

BASEの購入ページに飛びますのでページ一番下の「ゲストとして購入」または「PAY IDで購入」を選択します。

画像2


「PAY ID」は一度氏名や住所などを登録しておくと、次回から購入者情報を打ち込まないで済む便利なサービスです。(毎回住所などを打ち込むのって結構手間ですよね笑)

画像4

「購入者情報を入力」のページで氏名や住所を入力し…

画像5

支払方法を選択します。

画像6

ページの下の方で「注文内容」を確認した後、「注文を確定」して「購入が完了」になります。

画像6


リモートワークが続き、ONとOFFが付けづらいという人にはスイッチ代わりに様々なシーンで”ボトリングティー”を是非お試しください。



この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本茶D2Cブランドの「ジャパニーズティー・レーベル公式note」。 公式ナビゲーター・茂木雅世が、ティーリーフクリエイターたちが生み出す日本茶の魅力を国内外へ発信します。