「日本茶のレーベル」始まります
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「日本茶のレーベル」始まります

ジャパニーズティー・レーベル公式note

はじめまして。
ジャパニーズティー・レーベル公式ナビゲーターの茂木雅世です。
みなさん、美味しい日本茶にもう出会いましたか?
日本茶は、茶葉の品種や産地、栽培、製茶などによって、その味わいもさまざまです。100杯のお茶があれば、その奥には100人の想いがあり、100個のストーリーが生まれる。そう…とっても奥が深いのです。
わたしにとって日本茶は、至福の時間を約束してくれる大切な存在。この魅力を、「ジャパニーズティー・レーベル」からみなさんにお届けしていきたいと思います。いよいよ本日より、本格的にスタートしました。

ジャパニーズティー・レーベルって何?


ジャパニーズティー・レーベル(Japanese Tea LABEL)は、 日本茶の文化と伝統を国内外に広めるD2Cブランドです。日本茶を作品として扱い、まるで音楽レーベルのように日本茶をプロデュースしていきます。

このブランドは日本のお茶農家さんの苦しい状況を打開するというミッションを持って誕生しました。生産者の高齢化や後継者不足に加え、ライフスタイルの変化に伴うリーフ需要の減少、相場の低迷。茶業を取り巻く現況は、依然苦しい状態が続いています。
「100年後、200年後の未来へ、そして世界へと、日本茶の文化を守り継いでいきたい。」「千年以上続く日本茶の伝統を守りながら新たな楽しみを革新していきたい。」こうしたレーベルメンバーの言葉からもその思いを強く感じました。
何か月も前から準備が始まり、私自身も打合せに行く度にワクワクすることばかりだったこのプロジェクト。本格始動を心待ちにしていました。

日本茶アーティストが誕生

一般的に音楽レーベルに所属するアーティストは、楽曲を通して自らの想いを表現しますが、お茶を通して何かを伝えようと日本茶に携わっている人たちも、そんな音楽アーティストと、もしかしたらさほど変わらないのかもしれません。
日本茶を創る人は、アーティスト。茶葉を育てるお茶農家さんも、お茶の楽しみ方を提案する人も、みんな「日本茶アーティスト」です。私たちがジャパニーズティー・レーベルとして、ブランド名に「レーベル」と冠した理由は、まさにそこにありました。
日本特有の風土と気候を活かして、独自のこだわりを貫き、芸術的な茶葉を創り出すお茶農家さんたちを、所属のティーリーフクリエイターとして支援。まるでセッションを楽しむような感覚で生まれる、新たな日本茶の作品を国内外へとプロデュースしていきます。
そして、日本茶を通じて生み出される様々なモノ・コトを世界中のTEALOVERたちに届けていきます。

第一弾の作品を制作開始

お茶農家さんがこだわって丁寧に作りあげたお茶を自宅で淹れる時。
一通の手紙を読み進めているような気持ちになります。
味わいの隅々にまで、お茶を育てた人のこだわりと気持ちが込められているように感じて、一口ずつかみしめるように飲むこともしばしば。

農家さんの想いをお茶から感じ取る。そんな体験を皆様とシェアできたら…という想いもあり、ジャパニーズティー・レーベルが皆様にお届けする第一弾のプロダクトは、レーベルが推す”ティーリーフクリエイター”の新茶をフレッシュなまま詰めこんだボトリングティーにしようということになりました。それも、農薬や化学肥料を一切使用せず栽培された茶葉たちによるボトリングティーです。

所属ティーリーフクリエイターを発表

我が家では、毎日急須がフル稼働しています。
急須がないとお茶が淹れられない。私にとって欠かせないものの一つです。
ジャパニーズティー・レーベルの打ち合わせの中でも”急須”の話はよく挙がり、その度に「お茶がおいしいのはわかるけれども…」「急須、家にないんですよね」という声が多く聞かれました。

そこで、今回、第一弾としては、急須がない人でもお茶のおいしさを感じてもらいやすいようにボトリングされた日本茶という形での販売になりました。

ジャパニーズティー・レーベル所属のティーリーフクリエイターは佐藤寛之(静岡県・小河内)、鈴木克也(愛知県・新城)、植田浩士(滋賀県・上朝宮)、百野大地(徳島県・上勝)、大石孝儀(長崎県・対馬)、太田裕介(佐賀県・嬉野)、宮﨑亮(宮崎県・五ヶ瀬)*敬称略
生産環境や技術面で厳しい条件を満たした生産者が全国各地から参画してくださっています。
noteでも、今後、詳しくご紹介していく予定です。

ちなみにこちら、応援したいティーリーフクリエイターの作ったボトリングティーを購入することで、生産活動を支援することができる「購入型ファンディング」という形での販売を予定しています。

レーベルスタッフたちの舞台裏

ジャパニーズティー・レーベルの総合プロデューサーである佐々木國舟に声をかけられ、私がこのプロジェクトに参加したのは2020年春のことでした。

その後、企画士で、ジャパニーズティー・レーベルではブランドディレクターの木田広大が合流し、ジャパニーズティー・レーベルの前身となるブランド開発チームを発足。
コロナ禍の中、オンライン会議などを駆使して、幾度となく日本茶にまつわるアイデア交換を重ねてきました。

レーベルのメインとなるロゴのデザインは、日本航空のCM出演をはじめ、様々な分野で作品を生み出し続けている、書道家で気鋭のアーティストとしても知られる矢野童観によるもの。ロゴトレースは、画像編集のプロフェッショナルとしてココナラで注目を集めている田中裕幸(Tanaka Yukou)が手掛けました。
ジャパニーズティー・レーベルのイメージ構築には、芸能・ファッション・デザイン業界で縦横無尽に活動中のアートディレクターの王丹戈(Tanka Ou)が、自らフォトグラファーとして参画。また、今後計画中のブランドサイトや作品を含む様々なコピーの制作には東京コピーライターズクラブの会員で、コピーライターとして活躍している高澤峰之が手掛けております。

日本茶を中心にして、まさに各方面のプロフェッショナル、そしてアーティストが集結しました。ワクワクしないはずがありません。

生産者の高齢化や経営難など、日本茶を取り巻く環境は年々深刻化していますが、「だからなんだ!」と断固たる想いでお茶に向き合い続ける日本茶アーティストもたくさんいます。
そんな人たちのお茶に対する強い想いが、ちゃんとした形で伝わったなら…きっと世界中の人の心をポジティブな方向に動かすことができる。そんな気がしてならないのです。

レーベルでは今後、様々なオリジナルコンテンツで「日本茶のアーティスト」にもスポットをあて、発信をしていく予定です。

プロジェクトの動きや今後のことなども、ホームページやSNS等で随時公開していくので、是非ご注目ください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ジャパニーズティー・レーベル公式note
日本茶D2Cブランドの「ジャパニーズティー・レーベル公式note」。 公式ナビゲーター・茂木雅世が、ティーリーフクリエイターたちが生み出す日本茶の魅力を国内外へ発信します。