生産活動を支援する「購入型ファンディング」がスタートしました
見出し画像

生産活動を支援する「購入型ファンディング」がスタートしました


ジャパニーズティレーベルでは、独自のこだわりを貫き、芸術的な茶葉を創り出すお茶農家さんたちを「ティーリーフクリエイター」と呼びます。

ティーリーフクリエイターと一緒に日本茶の文化や伝統をもっともっと広めていく。そして、国内外にその魅力を発信し、日本の茶農家の収益構造の変革さえも起こしていきたい。

そんな想いからジャパニーズティー・レーベル(Japanese Tea LABEL)はスタートしました。

今回、そんな茶葉という作品を提供する「ティーリーフクリエイター」たちの生産活動を支援するため「購入型ファンディング」をスタートすることにしました。

BASEを普段からお使いの方は知っているかもしれませんが、これは、ショップコインというコインを購入することでプロジェクトを応援することが出来るシステムです。

これにより、事前にボトリングティーに必要な茶葉の量が確定出来、先に「ティーリーフクリエイター」たちへと生産活動費が渡ります。
いわゆる、”推す”(応援する)ことが出来ちゃうというわけです。

推しの「ティーリーフクリエイター」が決まった段階で、商品の購入をすると通常よりも早く生産活動費がクリエイターに渡ります。

コインの設定は100コインあたり80円に設定しています。
1コイン1円としてご利用時いただけますので、購入する際には実質20%OFFでお使い頂けます。

コインの販売は上限になり次第、終了なので、ジャパニーズティーレーベルを応援したい!と思ってくださっている方や、所属のティーリーフクリエイターを応援したいと思っている方は、購入の際にコインをご活用ください。

ちなみに、ジャパニーズティーレーベルの活動自体を応援したいと思ってくださる方(いわゆる”箱推し”な方笑)は、定期便にコインを利用することも出来ます。こちらも是非チェックしてみてください。

※ コインは有効期限を過ぎてしまうとご利用いただけなくなりますので、ご注意ください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本茶D2Cブランドの「ジャパニーズティー・レーベル公式note」。 公式ナビゲーター・茂木雅世が、ティーリーフクリエイターたちが生み出す日本茶の魅力を国内外へ発信します。