見出し画像

物作りをしている方が講師になるための誰でも出来る手順書(完全解説・初歩の初歩)

手芸・クラフト・フラワー・お料理・お菓子作りなど
作品を販売されている方、
作る事がとにかく好きな方、
ほめられた事がある方、
そのデザイン、技術を教えられる手順書をお伝えします。

手順書にそって準備、
5センチのハードルからスタートすれば講師になれます。

手順書①レシピを書いてみる

1.作品の作り方と材料・使用量を出来るだけ詳しく書いていきます。
例:リバティー柄コットン100%の生地(薄手)幅110センチを、縦に50センチx50センチを2つチャコペンでなぞる。なぞった通りにカットする。

2.材料と使用量だけを抜き出し書きます。

3.作り方を作業グループに分けます。
講座では作業グループごとに区切り説明と作業を繰り返すことにより、理解されやすい進行になります。
例:生地をカット、待ち針で留める、縫い合わせる・・・

4.作り方以外を注釈として書き加えます。
この部分は講座で直接話す部分となり深みをもたせます。
●自分のなりのコツ、自己流の作り方、素材へのこだわり等々
●この部分はあなたの強みとなり、講座で提供できる価値になる


手順書②プロセス作品を作る

5.作業グループごとの出来上がり作品(プロセス作品)を作ります。
<講座で>
●自分(講師自身)にとって説明のガイドになる
●生徒さんにとって理解度が抜群に上がる
●生徒さん間で制作速度がまちまちになった時に進行を助ける


手順書③リハーサルをする

6.親しい友人、ご家族でリハーサルをします。
<チェックポイント>
●作業時間(出来ればレベルによっての違いもチェック)
●間違いやすい点、つまずく点、分かりにくい点
●良かった点
●改善したほうが良い点
●気付いた点


手順書④概要を決める

7.講座の概要を決めます。
●講座名・サブタイトル
●内容
●生徒さんは何が作れて、何が習得できるのか
●所要時間(通常は作家さんの2倍掛かる)
●受講料
●材料費(どこまで講師が用意するか、生徒さんのお持ち物にもよっても変わる)

*集客方法については開催会場等条件によるため省きます。


手順書⑤付帯する物を決める

8.講座の特徴にもなりえる付帯する物を決めます。
●レシピを付けるか否か(講師の方の考え方次第)
●材料はどこまで事前準備するか(準備量により材料費に加算)
●材料一式(キット)のパッケージをどうするか(演出するのが望ましく、その場合には材料費に加算)


手順書⑥講座の準備

9.材料、配布物、シナリオを準備します。
●材料を一人前ずつに分ける、パッケージする(材料も講師のイメージにつながる。美しく整っている材料一式が好まれる。)
●配布物を作る(プロフィール、レシピ他、集客方法など状況による)
●シナリオはレシピ+注釈

●講座時間の調整対応
早く終わった場合:復習になるような短い作業と材料を準備しておく
遅く終わった場合:自宅で仕上げていただくための説明書(完成した方にも含めプリント類は全員にお渡しする)


手順書⑦講座当日

10.会場まで
●会場には早めに到着を
●出来れば会場の下見をする(試験会場を下見するのと同じですね)


手順書⑧講座進行

<自己紹介>
●自己アピール「〇〇〇(=自分の作品の特徴)を学んでいただけると嬉しいです。」などさり気なくアピール
●生徒さん方の自己紹介(所要時間にもよる、あると和む)

<進行>
●生徒さんが今日出来ること、作れる物(ゴール)を伝える
●スケジュールをホワイトボード等に書く、またはプリントにして渡す(あくまでも講師初、超入門者の場合)

<ルール>
●質問のタイミング、作業のタイミングを、最初、途中でも伝える
これがないと各自不明なところで質問し始めるため、進行が妨げられ、待たされる生徒さんからの不満は必至
例として、
「質問はところどころで受けます。」
「まずは作り方説明しますので、その後に作業をして下さい。」(とはいえ、説明中から手を動かし始める方は多く、それ前提で)

<声掛け>
●生徒さんは自分にだけ言ってほしいもの。全員に対して説明しても、聞いていないかのように、再度説明を求められる(応じましょう)
●全員に同じように見て回る
●ほめる時は、完成品で出来栄えではなく工程をほめる(他者との比較は厳禁)


最後に

サービス業であることを忘れずに!!!
生徒さん(=お客様)は、
理解してほしい、聞いてほしい、ほめてほしい、という欲求をもっています。それは頭の片隅に置いておきましょ。

緊張・・・
真剣ゆえに体からパワーがみなぎっている証拠。
一緒にがんばりましょう~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!! ありがとうございます。
4
手芸だけではなくクラフト・フラワー・料理お菓子など「コト&モノ」企画をしています。 ◆売上日本一百貨店の「コト」満席率90% ◆個人の時代に、作家・講師として活躍したい方へ◆ 徹底的に収益化にこだわった情報を発信していきます。 ◆画像出典:企画講座の作家さん作品
コメント (3)
こんにちは。くさもとです。note始めてみました。こちらでもよろしくお願い致します
くさもとさんの文章は柔らかくて知的でGOOD!!!
ありがとうございます。文章を書くのは久しぶりなので訓練のために毎日更新がんばります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。