普段はジャニオタハック(https://janiota-hack.com)というブログを書いています。 ブログに書くには漠然としていることを残すためにnoteをはじめました。 140字では溢れてしまった思考の置き場所。 嵐のことやそうでないことが織り交ざっています。

心を寄せ、伝えるということ。 Newsweek 2021.03.16号

なぜだか映像で見るよりも何倍も思い起こされる記憶。 現地に赴き、話を聞き、それを伝えることはひょっとしたらできないことではないのかもしれない。 だけどその目の前…

私が12月31日に悲しくならなかった理由

私の唯一にして最愛のグループが活動を一時休止するこの日、私は悲しくなかった。 2年間、ずっと12月31日を、そして1月1日をどんな心境でむかえるだろうかと想像しない日…

智くんの「またね」の意味

「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」、この日智くんは「またね」と言った。 私の見てきた智くんは、絶対に約束できないことは言わない。 たとえリップサービスだったとしても…

英語詞楽曲連続リリース渦中の「嵐の矢印はファンを指していないのでは」という意見への個人的見解

「(前略)結果が出ないと”なんでそんな無駄なことしたの”って言われるだろうからね。まあ無駄じゃないんだけどね」(ARASHI’s Diary -Voyage- #21 JUN’s Diary) 「…

『櫻井翔が、嵐が好きだ』と心から思った。

2019.03.22の記事 会見で感じたことが、ひとつのズレもなく、正しく私に届いていた。 それは彼らが、あらゆることを考え、考え尽くし、言葉をひとつひとつ掬い取って紡い…

頷いたあとに、視線がまた合って、思わず笑みが溢れる。

2019.03.22の記事 Enjoy vol.169に寄せて 彼らから直接聞いた言葉だけを信じる。 言葉とは裏腹に、それが簡単なことではないと、彼らを追い続ける中で感じることがある…