伊藤 じゅん

飲食店従業員 もっといろいろ学びたい中年男性。 思考が暴走しがち。 自分の人生を生きるための自分なりの「Note」。一貫性はありません。 哲学や社会学や心理学に興味あり。 みんなが幸せに生きられることを願っています。
固定された記事

はじめまして②

2回目のはじめまして。 伊藤じゅんと申します。 ここまで、4ヶ月くらい定期的にこの「Note」を書いてきました。 もともとこのNoteは、自分の考えたことをまとめる目的の...

「三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実~」 感想 2/3後半

他者とエロティシズムの両立の方法 他者と必ず関係する社会の中で、なんとかエロティックに美しく生きる方法はないのだろうか? 3つの方法があると思う。 ロマン 1つ...

「三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実~」 感想  2/3前半

主体的に美しく生きたいという願い 前回、エロティシズムとは自分で物事を自分の思い通りにコントロールしたいという欲望・衝動だというようなことを書いた。 主体という...

「三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実~」 感想 1/3

映画「三島由紀夫 vs 東大全共闘~50年目の真実~」を観た。 30代後半の僕には三島由紀夫という人物も当時の状況もよく知らないし、思い入れもない。 そして、感動するよう...

性格の時代から人格の時代へ(思考メモ)

人とのコミュニケーションを円滑にするには性格を良くするのが良い。 だから、今は性格至上主義の時代。 昔は尊敬される人がいた。 人格の優れた人。 性格は他者への接し...

正解のない世界では”やじろべえ”のように生きる 真理とは②

今、正しいこと思うことが、将来において結果的に悪い帰結を生むことがある。 今、間違ったと思っても、未来においては結果的にいいことである可能性もある。 人間、万事塞...