戦国Web小説『コミュニオン』1~15話

15
記事

戦国Web小説『コミュニオン』第1話 「平和な日々」

戦国Web小説『 コミュニオン 』

    「プロローグ」

 そこは牢獄であった。鉄ごうしの奥には少年がいる。とても大柄な少年。常人ならぬ身長のその少年の体には、いたるところに傷がある。囚人用と思わしき衣服のそでから見える太い腕は、切り傷やすり傷にまみれていた。

 しかしその迫力ある肉体とは裏腹に、その表情はやたらと無邪気に見える。実年齢は17~18歳であろうが、もっともっと幼く見える。少年

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第2話 「青春の日々」

第2話 「青春の日々」

 

 青龍館道場。この道場は国内で一番の門下生の数を誇る。とくに年齢制限はないが、この国は19歳から兵役が義務づけられているため、主に16~18歳の若者たちが多くを占める。男子600人あまり、女子300人あまりの大道場である。

 教えの内容は、剣・槍・弓・薙刀・兵学の五種。その中で希望するものだけ受けることができる。月謝は一律で、どれだけ受けても受けなくても同額。が、

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第3話 「不純物」

第3話 「不純物」

 

 この大陸には、大小多くの国があるが、『和の国』『華の国』『洋の国』の三つに大別できる。まずは『華(か)の国』。元々この広大な土地に住んでいた勢力群であり、大陸の七割はこの華の国で占められる。とはいえ、国も民族も多数あり、長い間各地で勢力争いが続いている。

 次に『洋(よう)の国』。西の大山脈を越えてこの地にやってきた勢力群。強大な軍事力を誇り、短期間で大陸の二割を勢

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第4話 「異邦人」

第4話 「異邦人」

 

 大陸における「醒陵」(せいりょう)という国は、ひじょうに恵まれた地形の中にある。西の大山脈と東の山岳地帯にはさまれ、その間に広がる平原に多くの人が住んでいる。

 大きな川が一本、そしてそこから分岐する支流がいくつか海へと流れ込んでいる。この川が平原を豊かな土壌とし、多くの実りを、そして人を育んでいる。海の幸・山の幸・野の幸に恵まれた、大陸内で一番豊かな土地と言える。

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第5話 「助けてあげなさい」

第5話 「助けてあげなさい」

 

 けっきょく、何を買うかも決まらないまま、商店街まで来てしまった。

 街はにぎやかに見えた。が、いつもとは違った騒々しさであることに気づく。兵士たちがいるのだ。それも一人二人ではない。あちこちに数人単位で動き回っていた。

沙耶 「なんか、騒がしいね。」

隼介 「だねぇ。」

沙耶 「何かあったのかな。」

隼介 「かなぁ。」

 よく見てみると、手分けし

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第6話 「基本こそ奥義」

第6話 「基本こそ奥義」

 

 隼介の意識は現在に戻っていた。いつの間にか雨はやんでいた。沙耶との約束があったが、さすがに今の静流を放っておくわけにはいかない。静流はずっと無言だったが、気分は落ち着いたようである。

静流 「帰ろ。」

隼介 「・・・・・。」

 さすがに沙耶はもう帰ってしまっただろう。それとも、今日も道場に泊まるのだろうか。和馬と二人で・・・。いや、二人なわけではないが。い

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第7話「今を、今を、今を」

第7話 「今を、今を、今を」

 

 静流は隼介の目を見ている。隼介は目を合わせられない。罪悪感があるのかもしれない。後ろめたいのかもしれない。

静流 「遅かったね。」

隼介 「・・・・・。」

静流 「どうしたの。」

隼介 「・・・・・。」

 静流、隼介のすぐ前まで近づく。そしてじっと隼介の顔を見つめる。

隼介 「祭りもいいけど、俺さぁ、」

静流 「ん?」

隼介 「稽古してる方が

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第8話 「共有できるもの」

第8話 「共有できるもの」

 

 静流は黙って二人を見ている。隼介と沙耶も言葉が出ない。

静流 「・・・・・。」

 静流、きびすを返し走り去ろうとする。隼介、やはり何も言えない。

沙耶 「静流!待って!!」

 立ち止まる静流。

沙耶 「私が悪かった! ごめん!!」

 振り返る静流。

静流 「・・・・・。」

沙耶 「私、静流のこと、全然分かってない。静流がどれだけ苦しかったのか、

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第9話「達人」

第9話「達人」

 

審判 「始めぇ!!」

 開始の合図。次の瞬間、沙耶の体は最速の一撃をくりだすべく、一直線に跳びかかっていた。即座にガードする対戦相手。が、激突した勢いで体勢が崩れる。そこへ、間髪入れずに連撃をくりだす沙耶。相手はさがりながらさばいていくが、防戦一方。

 歓声がわき起こる。誰も予想していなかった。まさかあの強豪道場を相手に、ここまで攻勢をかけていくだろうとは。しかも、それ

もっとみる

戦国Web小説『コミュニオン』第10話「今よ、続け」

第10話 「今よ、続け」

 

 倒れたまま動かない少年。静まり返る会場。

 突然、すっと立ち上がる少年。折れたままの竹刀を持ったまま隼介を見すえ構える。誰も声を出せない。少年と目が合った・・・ように思ったが、焦点が合っていない。防具ごしでよくは分からないが、一筋の赤いラインが見える。・・・ん?・・血??

隼介 「・・・・・。」

 長く感じる3秒間が流れる。そして力尽き、その場に倒れる少年

もっとみる