見出し画像

Webコンテンツを作る担当者はコンテンツの役割を考えると良いですよ

オウンドメディア用にコンテンツを作成する際は、それぞれの記事の役割を意識して作成していく必要があります。これを理解せずに、ただただ記事をWeb上に投稿していっても単純に流入数が増えていくだけです。どれぐらい増えていくかは、もちろんコンテンツのマーケティングや質に依存しますが。

オウンドメディアのテーマをしっかりと決めて、そのテーマに適した検索クエリを選んで、検索意図を満たしながらライティングをしていけばそれなりに読まれるコンテンツにはなります。

ただそれだけだと、Googleなどの検索エンジンから流入してきた読み手は、その記事を読み終わったら満足して離脱してしまいます。特定のクエリで流入してきた読み手に対して、こういうクエリ群で検索している人は、その背後にきっとこんな悩みを抱えているはずという洞察をもって、その悩みを解決してあげるようなコンテンツを作る必要があります。

例えば、下記のような検索クエリでコンテンツを作るとします。
● SEO 検索意図 
● 検索クエリとは
● 検索クエリ 文字数
● 被リンク 獲得方法

こういったクエリで検索してサイトに流入してくる人は、「Googleでどうやったら上位表示されるか」を一生懸命悩んでおり、それに関連する内容をあれこれと探しているんだろうと予測します。それであれば、サイト内に「Googleで上位表示させるためにコンテンツマーケターが考えるべきこと」というようなタイトルのコンテンツを用意しておきます。

そして、上記で例示したような各種のクエリから流入してくる読み手に対して、「ぶっちゃけあなたが今一番悩んでいるのはこれでしょ?」と読み手に問いかけて、作成した記事に読み手を誘導するわけです。

その記事は読み手の関心度合いが高い悩みを解決する記事なので、ライティングのクオリティは強烈に高めて書く必要があります。上位表示に悩む読み手がこの記事を読むことで、「なるほど、上位表示をさせる上ではこんなことも考えないといけないのね。えぇ、そんなことも!?」と気付きが多くなればなるほど、お問い合わせにつながりやすくなります。

記事自体は単品で考えられることが多いのですが、サイト全体でコンテンツの役割を設計して、それぞれの単品記事がどんな役割を持つかを考えると良いですよ。

今回みたいな内容の記事が面白いと思った人は下記もどうぞ。
(私の記事ではないです。他社さんの良記事です。)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

インドネシアでずっとリモートワークしてます。
4
インドネシア在住4年目の日本人ムスリム。日本で10年インターネット広告代理店で働いた後にジャカルタに移住。移住後はPT. Excite Indonesiaでインドネシア語メディアの運営。その後、インドネシア人女性と国際結婚して、一緒にジャカルタで起業。リモートワーク中心の生活。