見出し画像

スポーツについて~動く・観る・支える~

KAJITA Norifumi

この記事は
(2ndシーズン)謎解きクラスタによる謎以外の Advent Calendar 2017
https://adventar.org/calendars/2772
に寄稿するために描き下ろしたものです。

再びこんにちは。
NexusQreationのKajiです。

今回は『スポーツ』という観点で、自分が好きなこと、関わっていること、将来に向けてなど書かせていただきます。

1 スポーツの魅力について
皆さんは、スポーツはお好きですか?
・実際にプレーしてみること
・観戦すること
スポーツには2つの楽しみ方が有ります。


僕は幼い頃からスポーツが大好きです。
自分自身でも色々とスポーツをしてきました。
(水泳、野球、サッカー、軟式テニス、硬式テニス、ハンドボール、ノルディックウォーキング、雪合戦(国際大会出場経験あります←?)、空手、フットサル、キックボクシング、ボルダリング)
一見インドア派に見えるかも知れませんがが、体を動かすことが大好きですし、性根が負けず嫌いなのでうまくいかないと悔しくて何度もやりますw

僕が考えるスポーツを『すること』の魅力として
・体を動かすことでストレス発散になる
・体力がついて健康的に過ごせる(やりすぎ注意)
・スポーツを通じて仲間と共通の話題ができる、友達が増える
こんなとこでしょうか?

気分が下向きになっているとき、謎解きや制作で詰まっている時などには、是非ともオススメです。
いきなり複雑なことをするのは大変なんで、是非とも『ウォーキング』から初めてみてはいかがでしょうか?こういうと敷居高く聞こえるかも知れませんが、要するに『散歩』です。好きな音楽聴きながら、色々考えながら、15-20分くらい近所をただ歩くだけでも、ちょっと気分が変わりますよ!オススメです!


2 スタジアムに行こう!
自分がするのと同じくらい、僕はスポーツ観戦が好きです。
好きなチームとしては、
・サッカー 北海道コンサドーレ札幌、海外だとユベントス(イタリア)
・野球 北海道日本ハムファイターズ
・バスケットボール レバンガ北海道 
まぁ地元は多いですねw


みなさんには、是非とも『スタジアムでの観戦』をオススメしたいです!
○とにかく熱気がすごい!
日本のトップリーグのチームになると、熱狂的なファン、サポーターが必ずと言っていいほどいるものです。選手と一緒になって、彼らがスタジアムの雰囲気を『創り上げ』るのです。
○トップレベルの演出
また、音楽や場内イベントなどの演出も1つの魅力です。
各チームいろいろと工夫を凝らして盛り上げてくれます。観戦に行った際には、そちらも楽しんでください!
○テレビでは見れない選手たちのリアル
まず臨場感がテレビの比ではありません。
目の前で戦っている選手たちは生で観るのが1番いいです。
普段テレビにも映らない部分も見れます。
特に応援している選手がいるときはオススメです!

↓コンサドーレ昨年の最終戦@札幌ドームのコレオグラフィー(観客で作る人文字)


個人的にオススメしたいスタジアム
•NACK5スタジアム大宮(ピッチが近くて臨場感がすごい)
•日産スタジアム(五万人以上収容できるスタジアム、迫力がすごい)
•代々木第一体育館(バスケの大事な試合や、春高バレーなどでおなじみ。)
•秩父宮ラグビー場(とても身近にある、日本ラグビーの聖地の1つ)
•札幌ドーム(世界初サッカーと野球がどちらもできるスタジアム。観光でも人気。ぜひぜひ)

敷居が高いな?と思った方、お気軽にお申し付けください。アテンドしますよ!大体のスポーツのルールはわかるのでちょっとした解説付きでできますよー

3 スポーツトレーナーって何するの?
僕の本職は理学療法士(訪問リハビリ)、副業でポーカーのディーラーと謎解き公演のスタッフやってますが、僕の大事な仕事の1つにスポーツトレーナーがあります。
スポーツトレーナーとは、選手やチームが最善のパフォーマンスを発揮できるようにするためにいるチームの一員です。
•トレーニング指導
•個別のアドバイス、ケア
•怪我をしている選手のリハビリ指導
などなど、役割はとても重要です。

2年前、僕はJARTA(日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会)の認定スポーツトレーナーの資格を取りました。
民間の資格ではありますが、プロのトレーナーとして月1-2回活動しています。
今は脳性麻痺サッカー(CPサッカー)のチームを1つ担当しています。昨年のパラリンピックにも採用された7人制サッカーです。

↑同じ脳性麻痺サッカーチームでアドバイザーを務めてらっしゃる深川友貴さん(素コンサドーレ札幌選手)

過去には大学ラグビー部、小学生ドッジボールチーム(全国出場)などを指導していました。
最近、北海道時代に個人で指導した選手が、来春から新潟の開志学園JSCというプロを本気で目指す学校に来ることを知りました。
こういう風に、関わった選手が活躍してくれることが、トレーナーにとって最大の喜びです。
これからもっと活動範囲を広げていきたいと考えています。(趣味をセーブして行くことにはにはなります。)

4 2018,2019,2020,そしてその先に。
ここから3年間、大きなスポーツイベントがいくつもあります。
来年2018年は、冬季オリンピック•パラリンピック平昌大会とサッカーワールドカップロシア大会。


2019年はラグビーワールドカップが日本で開催されます。前回2015年で世界に衝撃を与えた『Brave Blossom』(勇敢なる桜の戦士、ラグビー日本代表チームのニックネーム)がホームで再び世界に挑みます。


そして2020年、夏季オリンピック•パラリンピックが東京で開催されます!
世界最高峰のスポーツの祭典が日本で開催される、またとないチャンスです!
(ちなみに前回は1964年なので、実に56年ぶりの開催になります)


僕が東京に来た目的は『東京オリンピックに関わるトレーナーになる』ためです。
実際に東京に来てみると少し見方が変わって、自分の特性を活かすにはパラリンピックの方がいいのかもしれないと思ってます。
東京は難しくてもその次の夏季、もしくは平昌の次の冬季大会に日の丸を付けて携われるように努めていきます。

そのために、謎制作はもうすぐ一区切りをつけようかと考えています。またお知らせしますが、これから出すコンテンツの数はきっとそれほど多くはないので、是非とも遊びに来てください←宣伝

それでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!