「ディス・イズ・クール!!」実況者も賞賛する錦織の股抜きショットからのバックハンドウィナーに惚れた♡
見出し画像

「ディス・イズ・クール!!」実況者も賞賛する錦織の股抜きショットからのバックハンドウィナーに惚れた♡

7/2から開催中のイギリス、ロンドンで行われている、芝のグランドスラムの「ウィンブルドン」。錦織圭は残念ながら準々決勝で、ノバク・ジョコビッチに3-6、6-3、2-6、2-6で敗れてしまいましたが、「これぞ、ニシコリ!そのプレーに惚れるわ」と思わせる場面があり、各所でも紹介されており、折角なので、自分でも取り上げておきます(笑)

こっちも。

いやー、錦織はすごい、ハイレベルラリーからロブで頭上を抜かれても落ち着いてトゥイナー(股抜きショット)。ジョコの短い返球をバックでパッシングのウィナーを取るとかもう美しすぎる。

結果はベスト4ならずと残念でしたが、2018年のウィンブルドンの今大会、準々決勝は今まで見てきた錦織の試合で最高なんじゃないか?と思わせるくらい、いい雰囲気だった。次のハードコートシーズン、グランドスラムでも日本人選手としての記録、歴史を塗り替えてほしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
テニスに夢中の素人プレイヤー兼テニス情報のエバンジェリスト(自称)。 Tennis Lover and Tennis evangelist (Self-Styled)