J-ファイル
反社チェックの具体的な方法

反社チェックの具体的な方法

J-ファイル

反社チェックとは主に取引先に対して、反社と何らかの形で関係がないかを調査することである。

場合によっては行政処分、上場廃止、融資停止の可能性がある。

企業コンプライアンスも同然ながら、反社関係者とトラブルを起こした場合に、犯罪事件まで発展する可能性もあるので、しっかりと調査しておきたい。

以下、具体的な方法である。

株式会社エス・ピー・ネットワークによる反社チェック
調査会社・興信所による調査
警察・暴追センターへの相談

株式会社エス・ピー・ネットワークによる反社チェックは以下の企業サイトで確認して欲しい。

調査会社・興信所による調査はネットなどで検索すれば出てくる。

警察・暴追センターへの相談は、具体的には以下の情報を元に相談することになる。

確認したい取引先の氏名
生年月日
住所(可能であれば)

暴追センターで反社チェックが可能かわからないが、警察は暴力団に関する情報を全て持っている。

しかし本来は捜査でしか使用することができず、例え事件の被害者であっても、調査結果を教えてもらえないはずだが、反社チェックに関してはある程度の情報提供が可能ではないかと考えている。

警察による反社チェックで関係性が証明された場合は、契約解除ができ、相手側から不当解除で損害賠償請求を受けても、警察の反社チェックの証明書があれば、問題ないとされている。(実際に証明書が発行されるかは試したことがないので、各自で確認して欲しい)

株式会社エス・ピー・ネットワークや調査会社、興信所では、警察が持っていない独自の情報を持っている可能性はあるが、訴訟レベルになると、耐えることができない。

株式会社エス・ピー・ネットワークが本を出しているので、まずは読んでみるといい。

また契約書には「暴力団排除条項」や「反社会的勢力の排除」を必ず記載するようにして欲しい。

こちらの本は不当要求防止のマニュアルである。もしもに備えて、対策を練っておきたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
J-ファイル
犯罪トラブル事件簿。将来的に情報提供の窓口を作る予定です。トラブル対応や警察案件、反社向けの対策あり。