見出し画像

「政治とゲーム」補項 入り切らなかった名作ゲームについて

ゲーマー日日新聞の側で書かせて頂いた「政治とゲーム」。大体50本程の中から検討して書いたのだが、最初から10本分しか書かない予定だったために排除された作品もいくつか。

というわけで、政治とゲームの補項としてこの記事を書かせて頂いた。あくまで本旨は無料で読める記事で書いた通りなので、「あの記事、楽しかったよ」という方がいれば買って頂けると幸い。

この続きをみるには

この続き: 2,355文字 / 画像6枚

「政治とゲーム」補項 入り切らなかった名作ゲームについて

ジニ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

独立したゲームジャーナリズムと僕が個人的に愛好してる蒙古タンメン中本の食券のためにサポートお願いします。

今日は『Lisa the painful』で中年の苦痛を追体験しない?
10
ゲームジャーナリスト。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」準レギュラー、著書『好きなものを「推す」だけ。』https://www.amazon.co.jp/dp/4046047577 ゲーム批評媒体『ゲーマー日日新聞』(2500万PV)。note「ゲームゼミ」開講。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。