見出し画像

【エッセイ】東京湾岸・埋め立て地慕情

あの頃の埋め立て地は、潮と重油の香りがしていた。

画像2

※本エッセイは電子書籍でも販売されていますが、
noteで読む方がお得です。

画像1

筆者が幼少期に暮らした、東京都湾岸地域の晴海や、その周辺の、まだ名も無き埋め立て地の思い出を語る。

画像7


この続きをみるには

この続き: 2,804文字 / 画像8枚

【エッセイ】東京湾岸・埋め立て地慕情

東雲いづる/海産物@小説アカ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

Discordやってます!テキストオンリー。ひまつぶしにお話ししませんか? https://discord.gg/p36VQqt

2
作家兼絵師/みんフォト作品提供中/ 「やきたて・おとどけ~茅ヶ崎の幼馴染みは元カレで~《氷ノ山神社奇譚》」イーデスブックス刊/リンク集 https://linktr.ee/izuru_shinonome_novel/副アカ https://note.com/izuru_02