見出し画像

Rails configファイルとは.

config/以下は.

設定ファイルを管理する.

※編集した設定ファイルを反映するには,サーバの再起動が必要である.

以下はconfig配下のファイル,ディレクトリについての解説です.

application.rb

すべての共通の設定ファイル

environment/

環境ごとの設定ファイルを入れるディレクトリ

environment/development.rb

開発環境の設定ファイル

environment/test.rb

テスト環境の設定ファイル

environment/production.rb

本番環境の設定ファイル

initializers/

初期化処理,設定情報を入れるディレクトリ

locales/

国際化対応設定ファイルを入れるディレクトリ


config/ で使いそうなコード.

アセットパイプラインを有効か無効か設定.

config.assets.enabled = false

強制的にHTTPSプロトコルを使用する設定.

config.force_ssl = true

タイムゾーンの設定.

config.time_zone = 'Tokyo'
#ここでは東京に設定.

週をいつから始めるか設定.

config.beginning_of_week = :sunday

JavaScriptのコンパイルの設定.

config.assets.js_compressor = :uglifier

assetsでプリコンパイルの設定.

config.assets.precompile += ['admin.js', 'admin.css']

CSRF保護の有効化の設定.

config.action_controller.allow_forgery_protection = true

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
思考の流れを共有したくて書いてます. "あ,それわかる" そう思ったら「スキ」してください.