見出し画像

SNS上での自分の誕生日との向き合い方

実は私、SNS上で誕生日をお祝いする風習がなんとなく得意じゃないんです💦

「お誕生日おめでとう!」
「ありがとう!」


このやり取りが、不毛と思っちゃうwwww
だから各種SNSアカウントで、誕生日を公開していないんです。

ただ、今年は自ら誕生日であることをFacebookで告知して、アマゾンの欲しいものリストのリンクを貼ってみました。
その投稿から得られた学びをここに共有します。


本当に買っていただける!しかも欲しいものを!

今回の私の場合は、ジムで使用する備品や日用品を中心にリストアップしました。
アマゾンの欲しいものリストって、購入された通知が来ないので、リストを開くたびに商品が減っていることで購入されたことを認識します。あれよあれよと商品が減っていくことに、びっくりました。ちゃんと計算してないけど、おそらく総額30,000円〜40,000円くらい。
欲しいものというか、必要なものを購入いただけるので、本当にありがたい限りです。
時には「欲しいものをリストアップしてくれて、ありがとう」と感謝までされてしまいますww
そんなことってあります???


▼商品が届いて初めて、気付ける刺客!

誰が購入してくれたかは、商品が届かないとこちらにはわからない仕組みになっています。
誕生日翌日、翌々日は大量にアマゾンからの段ボールが届きました。
そこで購入者の名前として書かれているのが、意外な人多数!!
最近はめっきり交流がなかった人や、元々ほとんど交流がなかった人まで!ほんと、まさかの人からのプレゼントが届きます。

▼めちゃくちゃ感謝する!

実際に購入いただいた方には、そりゃあもう心から感謝します。
コメント上の「おめでとう!」→「ありがとう!」では湧かない気持ちがそこには生まれます。
これを機に、送り主の方には直接お礼が言いたくなるので、食事などにお誘いして交流を深めようとする。
この流れがすごく好循環を生むなぁと思うのです。


▼この活動は有意義

中には自分からプレゼントを希望することをよく思わない方もいるかもしれません。購入してくれた人はそうは思ってないわけで、受け取る自分も素直に感謝できるわけなので、渦中の人同士はウィンウィンの関係が築けるのです。
今回購入してくれた人が自身の誕生日の時には、同じようにリストを掲載すれば、その時は私が購入するでしょう。

これは、今後は毎年の誕生日の楽しみにしたいと思います。
皆さんも是非お試しください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンキュー♪
22
SQUAT Labo(スクワットラボ)トレーナー 小田急線向ヶ丘遊園駅徒歩6分、登戸駅徒歩8分 スクワットに特化した隠れ家的パーソナルトレーニングジム