大企業での新卒採用経験しかない私がスタートアップのITエンジニア中途採用で苦戦してみた
見出し画像

大企業での新卒採用経験しかない私がスタートアップのITエンジニア中途採用で苦戦してみた

岩見直哉(iwami naoya)

Synamonの岩見です。
ラノベのタイトルみたいになっちゃいました!!笑

ある意味異世界転生なんですけどね。

当社Advent Calendar「エンジニア採用」に参加しておりまして、その記事投稿でございます。他にもたくさん面白そうな記事があるので、ぜひぜひ見ていってくださいね。

1.異世界転生(大手新卒担当→スタートアップ中途担当)

さて、私今年10月にスタートアップに加入し早2か月・・・!前職の経験もばりばり活かして大活躍!!!・・・・の予定が・・・

「室井さん!!エンジニア・・・採れません!!!」(世代ばれる!!)

難しいですね。ITエンジニア中途採用のド初心者の私だからの気づきをつらつらと書き連ねていきます。

2.スタートアップの採用の最大の壁は何か?

他人のふんどし借りて恐縮ですが、すごくいい記事です。今回はこの3番を見てから読んでいただければと思います。


結論から言うとスタートアップの採用で一番難しいのは

””どこに採用できる人がいるのか(認知)を探すのが大変!””

これなんじゃないかと!

「認知」→「応募」がやっぱり強くないので、そこを広げるには社員の協力やスカウト、媒体の模索とか結構手がかかる印象です。

前職は寝てても人が集まってきたので、認知が行き届いていない分野へのアプローチがわかりやすかったり、データもお金もリソースも潤沢なので、PDCAをしっかり回せていました。(要は効率的に回すことができていた)

正直、「認知」→「応募」を増やすのは工数や体力的にかなりきついので正解が欲しくなったり、効率的に回したくなったり、エンジニアにスカウトとかカジュアル面談お願いするのちょっと気が引けたり・・・。

たりたりたり・・・・

でも正解はないですね。(私も暗中模索ちう!)動いて動いて「なんかわからんけどたまたま引っかかった!」を拾い続けたり、社員のつて頼ったりしていくしかないのかなって思っています。

PDCAを”キチンと”回せるのはもっともっと先。スマートにやりたいのが人間だけど、今は泥臭く、でも泥臭さだけではなくて、常にそこに仕組みと構造化を意識する姿勢があればぜったいうまくいくと思っています。


3.泥臭くやるなかでも必要なことは?

私が2か月一番苦労したのは「情報がない」ことでした。前職の時は勝手にエージェントさんが有益な情報くれて、会社に情報があふれれて、誰かが知ってて・・・という状況だったんです。
というか自社主体の採用だったので、特にその辺の感度なくても取れてた印象なんですよね。

でもスタートアップに入って自分で正しい有益な情報を即座に集める難しさを知りました。

普段からのアンテナ、人とのつながり・・・。すごく意識するようになりました。フォロワー0人だったTwitterはフォロワー60人になり、毎日新しい情報をあさり、Meetyとか使って人と話す。

もちろん全部がつながるわけではないけど、「泥臭く」ですね。


4.エピローグ

私は正直「会社は社会全体を向上させるためのツールだ」と思っています。社会全体が良くなればいいし、なってほしい。(だからこそ、大きなVISIONを掲げる当社が好きです。宣伝。)

なので、みんなで情報共有をしながら大きな波を作って、日本をもう一度世界の中でも存在感のあるテクノロジー国家にしたい!それはもはや大企業では作れません。スタートアップがつよつよになっていくしかないと思っています。

話それて大きくなりすぎましたが、要は気軽に話しましょうってことですわ。知り合い増やして「本気で日本盛り上げたいスタートアップ人事採用担当会」を立ち上げるのが裏目標です。


本記事はこれで以上です!
風邪には気をつけてお過ごしください。

来年はコロナ落ち着いて海外いけるようになるといいなぁ・・・。

-Fin-

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
⊂((・x・))⊃THX!
岩見直哉(iwami naoya)
メタバース×BtoB領域のリーディングカンパニーSynamonで人事責任者してます! 早く「精神と時の部屋メタバース」作って無限に娘と遊ぶ世界線にいきたい。 趣味はフェス!嘘!いったことない!インドア!