見出し画像

チェコの友達カップルの話

昨日おとといは舞台を見たり仕事のMTGがあったりで東京に行っていた。とはいえ、今回の上京のメインイベントは日本に旅行に来ていたチェコ共和国の友達とランチするため。

写真向かって右のマルティナとは、2014年の春にロンドンの語学学校で出会った。私のほうが先に入学しててちょっと先輩。彼女はとある日の2限目辺りからやってきて、お互いカミナリに打たれたように一目惚れをした。

LOVE AT FIRST SIGHTが過ぎる...。

教室には他10人ほど生徒がいたが、彼女は迷うことなく私の隣の席に腰掛けて"I'm Martina! from Czech Republic."と元気よく自己紹介してくれた。

マルティナはチェコの首都プラハの出身で、ロンドンの会社で働いている彼氏を追いかけて来たという。マルティナはちょっと早口でまるで妖精がこちょこちょと囁くようにしゃべる。ブロンドの髪に真っ黒な瞳。白目の割合が多くて、その白目が恐ろしいほど青白くて美しい。他のヨーロッパ系の人となんかちょっと違うのだ。。少し、日本人ぽさがあったと思う。主に瞳の感じがそう。

「ガチ妖精じゃん...」と思った。

なんだか彼女としゃべっている時は、お互いの英語のテクニックは拙いのだけれど、言いたいことは全部伝わったし、心いや...テレパシーで会話しているような感覚があったのだ。

そんでもってマルティナは一切無理をしない。予定、直前でバンバン変えてくるし、そんでもって生粋の甘え上手で自分ができないことはすべて出来そうな人に振っていた。

そんなマルティナにはものすごく良い彼氏がいた...!!!名前はマレク。

ロンドンのパブでマルティナと私含む他6人ほどクラスメートで飲んでいた時にマレクがやってきたのだが、世界レベルで「この人、いい人ーーー!!!」っていうオーラが出ていた。小柄で清潔感があって超ニコニコしながら飲みの輪に加わって、真っ先にマルティナにハグをしてキスをする。そして爽やかに自己紹介だ。

「わーマレクありきでマルティナ、マルティナありきでマレク過ぎる」ってくらい本当にお似合い。

これマレク全部マルティナのわがまま聞いてるんだろうし、その自由奔放なマルティナを受け止めるのが彼の喜びである、っていう情報が聞かなくても勝手に伝わった。

二人は幼馴染で、2012年から恋人同士になったのだという。

チェコには就職先がなかなかなく、マレクはロンドンにある会社で働いていた。マレクの方はもう当たり前に仕事でも英語を使っているのでペラペラ。マルティナはそんな彼のレベルに追いつこうとしている、そんな状況だった。

彼らの国もそうだし、スロバキアから来た子とかも「自国に働けるところがないから」とロンドンに来ていた。ロンドンで何でも良いから職が欲しいと。ナニー(子守)、スーパーのレジ打ち、ウェイトレス。本当になんでもいいからと。

そのために英語は必須だし、彼らにとっては英語ができないということは本当に死活問題だったのだ。だから自ずとものすごくハングリーでチャンスが有ればガバッとくらいつく。無駄なことにお金や時間を使っている暇は彼らにはない。

ロンドンに行ってこの事実を目の当たりにした私は正直日本に生まれたことに感謝した。だって、一応日本にいたら英語できなくても暮らせていけるんだもん。美味しいご飯だって安く食べれるし、電車は遅れないし、街はゴミが落ちてない。でも同時に「このハングリーさがあるなしじゃ、あとあと雲泥の差だよなー」とも思った。

そして私はこの時「英語はできたほうがいい、絶対」と脳みそに染み込ませたような気がする。そんでもってマルティナとかマレクとか他今世界にいる私の友だちや今後友達になるだろう人と自由に会話を楽しめたらまじで楽しいだろうなと思った。

今回二人とマルティナの両親をランチにご招待したわけなんだけど、マレクが「ねえ!英語さー、ロンドンいた時より上達してない?いいね、高め続けているんだね自分を」みたいなことすかさず言ってくれて、マレクは世界レベルのいい人な上に世界レベルの察知能力イケメンな振る舞いができる本気のいい男であることが私の中で立証された。

かゆいところをクリティカルヒットにかいてくる。

こいういうことを言われるととても嬉しい。この4年間の間に妊娠出産もあり、じっくり英語に向き合えた試しはなかったけれどそれでもスキマ時間にコツコツ続けていたことがちゃんと生きていたことがとても嬉しかった。ふつーにみんなでワイキャイ会話と食事を楽しむことができし、こういう喜びがあるとほんとに大きなモチベーション。

あと、オータニのTEH SKYのブッフェに連れて行ったんだけど、もうすごい量を4人が食べてて(笑)おいしいおいしい!景色も最高!とみんな喜んでくれた。生まれついての体格の差を見せつけられた。

マルティナとかマレクみたいないい人達とお友達になれて私は嬉しいし、本当に心の底から彼らの幸せを願う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
月の占い師/スピリチュアルアーティスト 現在集英社Seventeen他で毎月の12星座占いを連載中。 noteではアイビー茜の赤裸々日記(エッセイ)を更新。まるはだかの心をつづるよ。 開運絵画作品や写真も閲覧購入できます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。