高校英語の5文型

中学の3年の教科書に5文型が載っています。私立や国立の高校を受験するときにも5文型に基づいた文法の問題が出題されることもあるかと思います。

高校1年になると、普通科の高校だと5文型についてのことが授業で扱われるかと思います。

【5文型】
  ・第1文型 SV
  ・第2文型 SVC
-------------------------------------------------------------
  ・第3文型 SVO
  ・第4文型 SVOO
  ・第5文型 SVOC

第1文型と第2文型のVは自動詞です。
第3文型から第5文型のVは他動詞になります。

単語を覚えながら、参考書にまとめられているそれぞれの文型で使われる代表的な動詞を覚えておくと良いかと思います。

動詞によっては、この文型でしか使えないというものがあったりして、そういう動詞が文法の問題で出題されることがあります。

第2文型はよくわかりにくいと生徒さんから質問を受けます。

確かにseem「~のように思われる」というように、ピンとこない訳で、とっつきにくいかと思われます。

慣れるまでの特効薬として、

第2文型SVC

がきたら、「SがCである」と思ってみると楽かと思います。

S seem C
→「SがC」

慣れてくると、この文を書いた作者(話し手)が「SがCであると思っている」というように訳がとれてきます。

基本の訳を「SがCである」としておいて、それぞれの第2文型で使われる動詞の意味をかぶせていくと勉強しやすいかと思います。

ここで、さらに詳しく第2文型のことを説明します。

補語Cが名詞か形容詞かによって、文法的な違いが出てきます。

【Cが名詞のとき】
補語Cが名詞のとき、主語Sと補語Cは『同一の人(モノ)』として一致します。

補語Cが単数形だと主語Sは単数だというように…

【Cが形容詞のとき】
補語Cが形容詞だと、補語の形容詞は主語の状態・性質を表します。

「あの人は背が高い」とか「これは赤い」などや「あの人は優しい」などです。

状態・性質というとわかりにくいですが、日本語の述語が形容詞(形容動詞)のときのように考えると納得しやすいと思います。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
見てくださって、ありがとうございます😊
1
筑波大学で数学を専攻しました。数学や英語の内容を書いています。無料の内容でそれぞれの単元に親しんでもらえたら幸いです。マガジンは現在使わないようにしました。また使うかは未定です。いくつか有力の記事が入っていますが、無料のものを中心に見て頂ければと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。