最高のイメージと格闘する

【最高のイメージと格闘する】自分の中の完成したイメージと戦う。もっと上手くできるはず!と思うのだが、なかなかそのイメージを具現化することが出来ない。この戦いはあまり気分の良いものではない。自分のポンコツ度合いが明らかになってしまうからだ。でも、こだわりがあって適当なことはできないと思ったりする。

自分にとってこの戦いは大切なものだと感じる。だからこそ止められない。頭の中に感じているイメージなどは、幻想かもしれない。でもそれを追いかけてみたい。苦しみの中にも不思議な喜びを感じている。

何をやっているかって?そう、感情の学校のコンテンツを作っている。作っては壊し、作っては壊し。自分の頭が止まっているのではないかと感じるほどの感覚になる。大変不愉快だが、負けられない。思考が停止するとしたら、それは誰かにかけられた呪い。自分で呪縛を解いていきたい。

そうやって自分の大切なものを追いかける。なぜこんなことをやっているか?それは、大切だからとしか言えない。
今度はその辺りを描いてみたいと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)
3
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。