紳士

目に見えない紳士

#web小説
公園の前のアパート。窓からは公園の森が見える。アパートと公園の間には、ちょっとした谷があるために、森の木々まで視界を隔たるものが何もない。そして森との絶妙な距離が絵画的な風景を生み、爽やかな風を部屋に送り込んでいた。昼下がり、優しい光が部屋に差し込んできて、森からの風がカーテンを静かに揺らしていた。

この街のスーパーで働く青年が、その部屋にひとりで住んでいた。青年は真面目で一生懸命働いた。スーパーを訪れる客に極めて親切に接し、頼れる好青年として覚えられている。しかしこの青年、働けど働けど、職場で認められることはなかった。どうも要領が悪く、時間内に求められる仕事量がこなせない。

青年は一日必死に働き、帰宅すると気絶するように眠った。次第に青年は体調を崩していく。寝起きにはびっしょりと汗をかき、ベッドに人型のシミが出来た。出社するときに動悸に苛まれ、酸素が足りない感覚に陥った。その度に「僕はいつでも辞められる。今、やりたくて仕事をするんだ」と言い聞かせていた。

ある日の休日、青年が疲れ果てて窓辺のベッドに転がり、時折カーテンを揺らす風に癒しを求めていたとき。背筋の通った素敵な紳士が部屋に現れた。細身のスーツに身を包んだ紳士は、青年に声を掛ける。青年は紳士の姿と声に気がつかないようだった。紳士は気にせず、穏やかに、しっかりと語りかけた。

「君がここで潰えることはない。君の未来は輝かしい。たくさんの人に必要とされるんだよ。今は信じられないかもしれないが」紳士は、30年後の青年だったのだ。彼はかつての自分にそっと応援にやってきたのだった。青年はそんなことに気づかずにため息をついていた。紳士はそんな青年に優しく微笑んで姿を消した。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
9
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

こちらでもピックアップされています

感情の学校
感情の学校
  • 463本

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。