見出し画像

グループ展します。京都写真部第一回写真展「はじめまして、京都写真部です。」

タイトル通り、グループ展をします。今週末11/9-11/10の2日間。場所は河原町駅から10分ほどのところにあるGallary Annにて。詳細は以下。

私が昨年7月に立ち上げた京都写真部は写真が好きな人が集まって、撮ったり、撮られたり、お酒を飲んだりするゆるーい部活です。写真の仕事を本格的に始めて、仕事で写真をしている人たちにたくさん出会い「純粋に写真やカメラが好きな人と集まれる場所が作れたらいいな」と心の底で思っていたことを具現化したのが京都写真部で、たくさんの仲間に恵まれて約一年間活動してきました。世代や職業や居住地などを越えて、いい大人が集まることの面白さをしれた一年でした。この展示会で、今いる第1期メンバーでの活動は一旦区切りをつけようと考えています。

京都写真部での一年間を振り返る

基本活動は野外でのフォトウォークをしていました。おおよそ月に一度。場所は指定し、テーマを設けて一定時間で撮影をする。単純な企画だからこそ、楽しんでもらえる工夫に随分と頭を悩ませました。

ファシリテートすることは、とにかく苦手で。私は師と呼べる人がおらず、カメラのことがわからないメンバーにどう使い方を教えたらいいのか……正直そんな状況でした。緊張の末に行った第一回フォトウォークのレポートはこちら。

テーマを『笑顔』に。編集部メンバーの友達や、はじめましてのメンバーももちろんいたからこそ、無理矢理にでも(笑)笑いが溢れる状況を作りたかった。いろんな懸念は始まって数分で杞憂だったことに気が付いて、その日はとにかく楽しく過ごせたことをよく覚えています。あの日はすごく暑かった。

個人としても、正社員フォトグラファー→フリーランスに転向したタイミングで、土日に時間を作ることが難しいタイミングもたくさんあったけど、なんとかフォトウォークの回数を重ねて、みんなが写真を楽しめる空間を作れたのではないかと思っています。

(こうやって並べると私の写真も一年ですごく変わったなと感慨深い…)

『一人ではできないことも、みんなでなら始められる』という仮説

何かを始める時に、自分一人だとなかなか踏み出せないこともたくさんありますよね。その仮説を私は京都写真部のテーマに放り込みました。みんなでならできることを模索しよう、と。

まずは、写真を撮るという習慣を。カメラを趣味としている人で、一ヶ月に一度撮影に行く、という習慣がない人も多いはずです。そんな人たちは『何を撮ったらよいのかわからない』『中途半端な写真を撮り続ける意味を見出せない』『お花を撮ってもなあ』なんて思っていることでしょう。私もカメラを買ったときにそう思っていました。

そこでフォトウォークを定期開催し、カメラを使う機会を準備。やっぱり撮る機会があれば撮るし、撮ってたら楽しいんですよね。写真を撮ることが楽しいと思える習慣づくりを写真部で創造できればと考えていました。

音楽が好きなメンバーには、アンテナでのイベント取材に参加してもらったり。これはアンテナらしい機会創出ができたのではないかと自負しています。

そして仮説に繋がるのが、今回の展示会

実際私自身も、一人で展示会をするということにずっと尻込みをしていました。周りの人たちに『早く展示会をしよう』とけしかけてもらってはいたものの、ZINE一冊ですら作るのにすごく勇気が必要だったことからも、会場を借りて展示会ということにすごく怯えていました。

今回『展示会をしよう!』という呼びかけに、8名ものメンバーが手を挙げてくれました。みんながやろうと言ってくれなかったら、私はここまでたどり着けた自信はないです。本当にひとりひとりに感謝しています。

参加メンバーを私から紹介させてください。

画像1

気がつけばすっかりカメラ女子になったしのさん。主催メンバーとして、普段の活動から、展示会の制作の裏側まで、たくさん奔走してくれました。

画像2

今回の展示会はようへいさんの存在なくして成り立っていません。会場レイアウトや必要なパーツの取りまとめ、ツール作成など一手に引き受けてもらいました。

画像3

京都写真部のムードメーカー・ヤマモトタイスケこときのこ。東京からことあるごとに参加してくれました。その明るさに何度救われたことか……。アンテナではボロフェスタ取材チームとしても頑張ってもらいました。

画像4

スナイパーのようにみんなのことを静かに狙うイケメンしんごちゃん。初回参加時から白玉レンズでいい写真を撮りまくる彼、すぐにアンテナの取材にも誘いましたよね。優しく真摯な姿勢はいつも尊敬しております。

画像5

いてくれるだけでその場の空気がなごむ円山ハコ。彼女の優しさは写真からにじみ出ています。彼女の撮る風景写真はすごくあたたかくて、なぜだか懐かしい。すごく好きです。

画像6

もう一人のムードメーカーはとがりだと思ってます。こんな可愛い顔してしっかりもの。今回のDMも彼女に作ってもらいました!とがりが撮った私の表情は、今まで自分が見た事ないような自分。瞬間を捉える力があるんだなーとすごく思ってます。いい写真をいつもありがとう。

画像7

決めポーズの伝道師・雪子!今回の展示会では彼女が公式フォトグラファーを務めるたい焼きグラビアのワークショップも開催してくれます!たいやき付きだよ!そして彼女の作り上げる青の世界に、魅了されにきてください。

画像8

なぜかとがりに絵本作家だと勘違いされていたおしゃれ姉さん・ミヤケ氏。『面白いことには飛び込みたい』ってするっと話をしてくれたときに完全に惚れました。ふだんから自分の写真を模索していた姿勢もすごく尊敬しています。どんな写真が展示されるか、すごく楽しみです!

そして私、岡安の9名で展示会は行います。

展示について

今回の展示会のテーマは自分。自分自身と、自分の写真を改めて見つめ直すという機会にしました。

私は京都写真部の活動で、『自分と他者との視点の差』から『自分の写真』を見つめることを、フォトウォークの課題を通して促してきました。プロ仕様のカメラを安価で手に入り、スマートフォンでも手軽に綺麗な写真が撮れる時代。ハード面でプロとアマの境界線はとても曖昧になってきています。そこで写真の本質として問われるのが『それぞれの視点』であると考え、『自分の視点』を、自分の頭で理解することを目的に活動を重ねてきました。今回は2つのアプローチから『#自分』への理解を深めます。

私自身がカメラマンとして活動する中で、自分に求められることは『自分の視点』であるということを日々実感しています。機材の性能は上がり、簡単に写真を始められる、いい機材も簡単に手に入る時代だからこそ、『自分の視点』をはっきり認識することが重要であると考えました。

岡安の展示について

私は今回『自分の写真』としてライブ写真を展示します。今日大きくプリントした写真が手元に届いて、すごくわくわくしてきたし、ようやく写真展をする実感が湧いてきました。(遅)初めて、ライブ写真を展示します。そういう意味でも、多くの人に見にきてもらいたいんです。

実はライブ写真を集めた写真集を制作しています。今回の展示はその布石になるような写真を集めたつもりです。インスタで公開したことのある写真もありますが、大半がこれまで公開していなかった写真。2017年から今年までに撮りためた写真を見返して、昔の自分の視点にたくさん驚かされるいい機会をもらったような気持ちです。

↑この写真は展示しないけど、イメージとしてはこんな感じのがたくさん並びます

そして会期中にはアイコン撮影イベントも実施します!

ワンコインで、アイコンを撮影するイベントも実施予定です!11/10(日)、参加費はお一人500円、撮影して、選んでもらって即納スタイルを撮ります。ぜひあなたの写真を撮らせてください!!!

画像9

イメージはこんな感じ。会場内でも、外でもどちらでもOKです!

画像10

複数人でもOKです!これも楽しいんだな。

そして京都写真部第一期ZINEも販売!

今日届きました!!(間に合った!!!)京都写真部第一期ZINEも販売いたします!価格は800円。写真部の活動で撮影した写真を集めたZINEです。表紙はこんなかんじ。

スクリーンショット 2019-11-06 19.28.14

岡安がインドで撮った写真を集めたZINE『BRIGHT BUNDI』も持っていきます。みんな買ってねー!!!

画像11

レセプションパーティーも!するよ!

お伝えすことがありすぎて、雑になってきたのはご容赦ください……。写真展1日目11/9(土)17:00〜は会場でレセプションパーティーもします。写真好きな人がわいわいできる空間にできればいいなと思っているので、お気軽にお越しください!日曜日にやるアイコン撮影会も少しだけできたらと思っています。

きてね!

こんな想いや、仕掛けが詰まった京都写真部第一回展示会は今週末11月9日(土)〜です。いろんな人に会えたら嬉しいので、ご来場お待ちしております!

画像12

京都写真部 第一回展示会 「はじめまして、京都写真部です。」 INFORMATION

【会期】

2019年11月9日(土) 13:00〜19:00 / 2019年11月10日(日) 11:00〜17:00

※9日(土)17:00からは、どなたでもご参加いただけるささやかなパーティーも行います。一緒に写真のお話をしませんか?ぜひお気軽にお越しください!(予約不要)

【場所】
GALLERY Ann(https://www.gallery-ann.com

京都市下京区高辻通り麩屋町西入る雁金町170 1F

※阪急京都線 河原町駅8番出口より徒歩7分

※市営地下鉄烏丸線四条駅南改札5番出口より徒歩8分

【料金】
入場無料

【展示メンバー 】
岡安いつ美 https://www.instagram.com/itsumiokayasu/
菊本雪子 https://www.instagram.com/swinging_bird/
齊藤真吾 https://www.instagram.com/sightseeingo/
尖遼子 https://www.instagram.com/__ryoco/
肥川紫乃 https://www.instagram.com/oshino_san/
円山ハコ https://www.instagram.com/____ha_co/
三宅美穂 https://www.instagram.com/anohi88/
山本泰佑 https://www.instagram.com/taisuke_yamamoto_p/
山本洋平 https://www.instagram.com/yohey0825/

終了レポートはこちらから!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
14
1988年大晦日生まれ。 京都在住AB型のフリーランスフォトグラファー。アンテナ(@kyoto_antenna) の副編集長もしています。noteでは思考の整理のために、その日に考えたことなどを書き記します。ブログ→http://itsumiokayasu.xyz/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。