集中力がないのではなく集中の仕方を知らないだけ?
見出し画像

集中力がないのではなく集中の仕方を知らないだけ?

松尾伊津香

4月から始めた英語学習。

理由は、受けたいセミナーが英語でしか行われていないから。

どうしよう、英語が話せない。
でも今更この脳は変えられない。



しかし、しかしである。
目まぐるしく進化するこの現代。

最新技術やアプリやAIやら駆使すれば
私のようなイングリッシュ インポッシブルでも
(ミッション インポッシブルみたいに言うな)
瞬時に日本語訳が出てきて
オンラインセミナーが受けられるのです!!!

もう英語が話せなくてもグローバルにコミュニケーションが取れる時代!

となることを期待したのですが、
そんな最先端技術の情報が私のところに入ってくるはずもなく、

出てきた答えは
お前の脳をアップデートせよ
でした。
ベンキョウ シタクナイヨ...( ´_ゝ`)

かくして、再度英語と向き合うことになったわけです。


重い重い重い泥沼に浸かったような腰を、
うぉりゃと引きずりだして取り組みはじめました。

始めてすぐに気づいたこと。

自分の集中力の無さ。

気がついたら英語を聞いていない。
英語にマインドレスなワタシ。

画像3

普段「呼吸に集中しましょう」なんて偉そうなこと言いながら
私自身がそれを苦手とする対象物にはできてないことに気づきました。

というわけで、
英語学習にマインドフルネスで培った集中力を試す実験が始まったのです。

▶︎5ヶ月でTOEIC800点達成

4月に始めた時のテストの結果は405〜550点の間。

TOEIC400点台はどれくらいかと言うと↓↓↓

日常会話でゆっくり話してもらったり、繰り返してもらったりすればコミュニケーションを取れるレベルです。中学、高校と英語をそこそこ勉強してきたけれど、久しぶりに英語を勉強する、英語にしばらく触れていない人が勉強しないでTOEICを受験すると、400点台になることが多いです。
参考: https://www.google.co.jp/amp/s/schoolwith.me/columns/amp/33003

だそうです。
まさに私www

4月から勉強を始め、その時に掲げた目標が
9月までの5ヶ月間で800を超える
というもの。

先生曰く、
800を超えるとある程度のリスニングや会話が聞けるようになってるから
とのことでした。

そして、9/12のTOEICで

画像4

800超えました!
ギリギリだけど!!笑

6月末に受けたのが705点だったので、2ヶ月半くらいでスコアが100伸びたことになりす。

無事目標達成!
うれしー♪( ´▽`)

そして先生の言っていた通り、このくらいのレベルになると少しずつ聴けるようになってきたと思います。

細かなことは聞けないし、早いものは聞けないけど、なんとなく前よりも聴けるようになってきた感じがします。

▶︎マインドフルネスは限られた時間で成果をもたらすための土台


マインドフルネスは、仕事をしながら
勉強をしていた私にかなり役に立ちました。

なぜなら、日中は仕事で十分には取れないので
やるとなるとやっぱり隙間時間がほとんど

通勤と休み時間、それに休日。

だから、いかに効率を上げられるか、が勝負でした。
今ここの意識を養い、集中の質を上げてくれるマインドフルネスは
限られた時間で成果をもたらす土台
のようなものだと思います。

画像7

もともと、私は勉強がとても嫌いです。
親のお陰で素敵な高校、大学と行かせてもらいましたが、
それでも勉強を楽しいと思ったことはないし、予備校には遊びに行ってたし、
臨床心理士になりたかったけど大学院でもう2年勉強したくなかったからヨガインストラクターの道に入ったし(笑)、
そんな感じで机に座った勉強が苦手だったので、自分は集中力がないと思ってました。

でも、あの時の自分に言ってやりたい。

集中力がないんじゃなくて、集中の仕方を知らなかったんだ、と。

▶︎集中力がないんじゃなくて、集中の仕方を知らない

画像3

「集中しなさいって言葉」ありますよね。

でも、この言葉って実はなんの解決方法にもなってないと思うんです。
なぜなら、何をどうしたら集中出来るのか、わからないままだから。

さらには、集中しなさいって言ってる本人(大人)自身も、自分が苦手なものに対して集中する方法をわかってないのではないでしょうか。

集中して欲しければ「集中しなさい」という言葉ではなく、
「何を」「どうするのか」を具体的に示してあげないといけないと思うんです。

私は意図的に集中力を上げようと思ってマインドフルネスやヨガや瞑想をしてきたわけではないですが、

結果的にはそれらをトレーニングすることで
集中する(自分の注意力をコントロールする)力がついていました。

▶︎一万時間の法則もマインドレスなら意味がない

一万時間の法則というものがあります。
ある分野でスキルを磨いて一流として成功するには、1万時間もの練習・努力・学習が必要だというものです。
逆を言うと、一万時間かければ誰でも一つの分野で一流になれると言うことでもあります。

画像4

しかしながら、その一万時間がマインドレスならそれは実を結ばないのではないでしょうか。

歩くことに集中するのと、何かしながら歩くのでは、

何かしながら歩く方が圧倒的にペースが遅くなるって知ってましたか?

いかにその時間にマインドフルに集中できるかが
何か一つのことを達成するのに重要なベースになると思います。

とは言え、まだまだ英語初心者な私、
もう少し勉強にマインドフルネスを生かす方法を研究してみようと思います^^

▶︎一人学習からwith他人学習へ!

さて、ここからですが、
TOEICは引き続き受験を続け900を目指しますが
TOEICの勉強は一旦お休みします。

なぜなら、
私の目標はTOEICで満点を取ることではなく、
英語でセミナーを受けること。

生のネイティブの英語を受けるとなると
もっと早く、そして崩れた英語についていけるようになること、
そしてスピーキングも鍛える必要があります。

なにより、私の英語メンタルブロックからすると、
TOEIC(L&R)だけ続けても英語圏に飛び込める自信はつかない気がします。

TOEICは 対自分 だけど、
コミュニケーションは 対周りの人 。

他人を介して英語の自信をつけてあげないと
英語ができるようにならない気がしたので、
ここからは英語の触れ合い方を
他人を介したものへ変えてみる作戦へ。

私が始めたのはこちら↓
オンライン英会話 Eigox

あとこれも始めます↓
外国人と交換日記 英会話のNEW

Eigoxはオンライン英会話です。
毎日30分色んな先生とお話しできます。

ここで、生の会話やネイティブさんと話す自信をつけます。
すでに2ヶ月くらい毎日やってます。
楽しいです(^^)

あとは、最近読んだこちら
新井リオさんと言う方の日本にいながら英語を学ぶ方法の本です。

英語日記BOY 海外で夢を叶える英語勉強法

画像7


とてもためになりました。
新井リオさんがおすすめは、
日記をつけること。

ポイントはまずは日本語で日記を書く。
英語で最初から書こうとすると、自分が書ける英語しか書かないから文章力が上がらない。

だからまずは日本語で書いて、
単語や表現方法を調べ、
自分オリジナルの文章や単語を増やしていく。

のが良いのだそう。

英語で書く場合、自分の知ってる英語でしか書けない、
まさにそう( ´_ゝ`)

自分も英語の構成が全くできないので、
日記を書いて文章構成力を養うことにしました。

そこで上に挙げたネイティブがみてくれる交換日記サービス。
間違ってたら指摘してくれるし、
ネイティブの方とやりとりしながら学べるので
一人学習脱却にも良さそう^^

今の時代は交換日記もネイティブが見てくれるサービスがあってほんとすごい(゚Д゚ノ)ノ

そんな感じで一人学習からwith他人学習に形を変えて、
英語学習を続けてみます。

▶︎パン屋の英会話教室LEON

最後になりましたが、もちろん私の英語力が上がったのは先生のご指導があったからです。
どんなに集中力あっても指導方法が間違ってたらスコア上がらないですので。笑

わたしの英語をずっと見てくださってるのは
こちらの英会話教室の校長先生、Leonさんです^^

パン屋の英会話教室 LEON

画像6

こちらの教室では、
一人一人の目的をきちんとヒアリングして
しっかり個別指導していただけます。
私も100%オンラインでの授業で行ったので、
全国どこからでも受講できます。

特にLeon先生自身も英語が話せないことに悩んでこられた経験があるので、
英語ができない!初心者!苦手!と言う方は
優しく指導してくださるのでおすすめです^^

わたしからの紹介というと、多分特典つきます(多分って何ー!)
つかなかったらごめんなさい。笑

何より、英語苦手意識がある私に
苦手を感じさせないように指導してくださったのが
TOEIC800超えの目標達成に繋がりました。

引き続きご指導いただく予定です^^

そんなこんなで
英語 de マインドフルネス集中力実験は続く⭐︎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
貴重なスキをありがとうございます!嬉しいです!!><
松尾伊津香
ダイエット、コンディショニング、ボディメイクなどなど、健康でストレスフリーな日常を応援する活動をしています。 ヒヨコは長年の相方。SNSにビビッてしまうときに私の代わりに体を張って出てくれます。 ヒヨコが綴るユルイあれこれを是非覗きに来てください。