ワークマン礼賛。

申しわけないが、ちょっとだけ熱く語らせてほしい。
 
ちょうどユニクロの黎明期と似た感じ。「え、そんなに安くて大丈夫?」いろんな意味で大丈夫?みたいな。いずれそれが誰でも1枚は持ってるアイテムになっていく。その途上にある感じがします。

床が油で滑りやすい現場用の靴が、転んじゃいけない妊婦さんの靴にぴったりと評判になったり。雨の中で作業する人向け超撥水ジャケットが、ライダーや釣り人に評判になったり。機能から発展した作業服がデザインも色も進化させると、あらまあ普段着にぴったり。

ちょくちょくテレビで取り上げられて、むしろ商品が追いつかない感じ。駐車場はいっぱい、客層は普通の衣料品店にいるような人たち。


防風防寒の暖かいパンツ(ズボン)て言ったら、イメージ的にはモコモコしていて、履き心地かデザインどちらか諦めるじゃないですか。ぜーんぜん!

生地のパーツを4つに分けて立体構造、ストレッチ素材で伸びる伸びる。あ、ストレッチ素材って一方向は良く伸びるんだけどね〜みたいに残念な感じが多いけど、これぴったり身体にフィット。

ちなみに買ったのは男女兼用「4D防風ウォームパンツSTRETCH」おねだん2900円。税込価格ですって。しかもその場で丈直し。もちろん無料。これだけ安いとたいていなにか耐えたり我慢することになるんですが、いやいやいやいや、めっちゃええですやん!


内的参照価格がグラグラしてきたところで靴売場へ。1500円と1900円の靴をお買い上げ。どう見てもその値段に見えない。防水4cm、雨の日に靴下の先が濡れることもなさそう。試し履きできるように左右ロングなゴムで留められているのもグッド。

暖かい靴下4足380円。そろそろ爆安価格に慣れてきました。暖かい服や靴下って結構見ますが、ヒー○○○○みたいに肌が乾燥して痒くなるのは苦手なんです。が、これはイイカンジ。家の中を歩いてみました。台所のリノリウムの床、つるつるした感触。でも全然冷たさを感じない。感覚は伝わるのに温度は伝わらない不思議。「冷たくない」これ最高。

ワークマンで買い物のコツ。できれば最初少しWEBで調べて行く。店に行って無いものは素直に諦める。「今シーズンあと1回入って来る予定です」などと教えてくれる場合もありますが、基本「現物を見つけたら即買い」。次に来たときまで考えよう...と思っていると、サイズや色が欠品になっています。それだけ予想外の人気なんですね。

今日はお付き合いで行ったけど、やっぱり買い物しちゃった。靴、靴下、パンツ(ズボン)...下半身はワークマンで統一。この冬これで乗り切れそう。細身シルエットで形も悪くなく、普通のジーンズみたいに見えるのがイイカンジ♪少々お店が遠くても行く価値ありです。

画像1

 

132/560

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます✨️
11
消費されない記憶の記録。キレイよりウツクシイ、ウマイよりイイカンジ♪

コメント2件

はじめまして。
ワークマン、2年ほど前の一時帰国中に初めて入って、とても気にいっています。
実用的な衣類や靴、手袋や帽子などの小物は登山や釣具のお店にもありますが、値段の点で折り合いがつかず。ワークマンだと、仰るような入荷の問題はあるにせよ、試着して選べるので通信販売よりも安心です。わたしも結構いろいろ買っています。

文章を書くことや作品制作の姿勢など、共感しながらフォローで拝読しています。
次の投稿も、楽しみにお待ちしております。
森野バク/地球旅自炊派 さん、
はじめまして。コメントありがとうございます。
じわじわ来ていたワークマン人気が、ここに来て大爆発ブームの兆しですね。
そろそろ頭打ちだろうと思われていたのに店舗数も株価もうなぎのぼり。
高機能なのに低価格。この冬いろんな意味で暖かく過ごせそうです。
今後ともよろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。