忘れないための忘年会。

画像1

会社勤めでもなく仕事仲間もいない自営なので、忘年会は身近に存在しない。

にもかかわらず声をかけていただいてありがたい。12月のサシ飲みやグループ飲みは全て忘年会と称している。なに、酒を飲む理由なんかなんでもいい。会ってあなたと酒を飲みながら語り合いたい。

驚いたことに今月行われた忘年会で、暗い話はまったく出なかった。宴席の記憶をたどると、たいてい残業やボーナスや職場環境の愚痴の競争が始まるはずだが、今月それらしきものは一切なかった。なぜだろうと思い返すと、一緒に飲んだメンバー全員、自営の一匹狼ばかり。過去より今や未来の話に花が咲き、議論し、意見交換する。

もし考えが食い違っても無問題。話を合わせる必要はない。(へえー!そうなの?なんで?...あ、なるほど!そんな考え方もあるんだ!)発見の連続。

大衆酒場で酒を呑み、ネオビストロで赤ワインを飲み、焼肉屋でビールを飲み、カラオケで熱唱してアルコールを吹き飛ばす。

忘年会って言うけれど忘れるもんか。今年あった大切なこと、いっぱいいっぱい。ただでさえ脳みそ死んで行くんだから、せめてその前に美しい光景をたくさん見たいし見せたいし、たくさん話したいし話を聞きたいと思う。

今年も出会いに感謝。

お付き合いありがとうございました。


142/560

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😀
3
消費されない記憶の記録。キレイよりウツクシイ、ウマイよりイイカンジ♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。