VTube Studio利用手順(iPhone)

イテレータ

Live2Dモデル製作者向けではなく、利用者(VTuberさん)向けです。
最低限の導入のみです。

WindowsとiPhoneでの動作確認です。

注意点

iPhone版は一般的にWebカメラ版よりもトラッキングの精度が高いとされていますが
Pro版を購入しないと1分でPCとの接続が切れる為、配信活動にPro版が必須です。

Webカメラでの利用手順はこちら

SteamからPC向けVTubeStudioをインストール

https://store.steampowered.com/app/1325860/VTube_Studio/

AppStoreからiOS向けVTubeStudioをインストール

PC 設定画面について

インストールしたVTubeStudioを起動します。
設定画面の出し方を覚えて下さい。

画像1


フルスクリーンで起動されていてウィンドウモードにしたい場合は設定画面からウィンドウモードに出来ます。

画像2

PC キャラクターの追加

画像3

表示されたフォルダに、Live2Dのデータを入れて下さい。

画像11

データの階層イメージ

画像10

モデル選択画面からキャラクターが選択できるようになりますので、選択して表示させておいて下さい。

PC iPhoneと接続準備

画像5


iPhone PCと接続

ここからiPhone側の操作です。iPhoneでVTubeStudioを起動して下さい。

設定画面を開いて下さい。

サーバーを探すをタップ。

画像6

画像7

画像8

この状態でスマホの内カメラを顔に向けると、PCに表示されたキャラクターに表情などが反映されるはずです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!