コンテナ船

進化する船!未来の船舶とは?

 世界最新鋭の船をご紹介。既に実用化が進んでいるものや潜在的な技術、未来の船舶の姿を明らかにします。

1.最新の船の特徴

 世界では船舶の最新鋭化が進んでおります。キーワードは『クリーン化』『リアルタイムモニタリング』『自動化』。

1) クリーン化
 IMO排ガス規制や生物多様性問題など、海運業界を取り巻く環境問題に対応するため、環境負荷を減らす技術開発・導入が進んでいます。

・排ガス減少
 LNGを燃料として使用する船や、排ガスをフィルトレートするスクラバーを導入した船が増加しています。対応が進んでいる。

・生物多様性保護
 生物多様性保護に向け、バラスト水内の微生物殺菌設備導入が進みました。

・LNGを燃料とした船舶
 LNGを燃料とすることで、排ガス中の硫黄酸化物と粒子状物質の排出をほぼなくすことが可能な上、重油より約30%多くCO2を削減可能です。日本郵船はすでに欧州で運用しているLNG燃料船に加え日本での運航を、商船三井はLNG燃料タグボートの運用を開始しました(日本郵船・商船三井)


2)リアルタイムモニタリング
 IoTにより、船体・タンク・貨物の状態をリアルタイムで管理する技術の開発が進んでいます。人の目では気づけ無い変化や異常を、音波や温度の変化によっていち早く検知し、問題が顕在化する前に検知することができます。

 これにより、メンテナンス頻度や箇所が最適化され、事故・トラブルの頻度も大きく減少することが見込まれます。
・エンジンなどの船体状況の把握。トラブルの早期発見(OKI・NTT DATA)
・船舶やエンジンデータを収集・解析し、運航の効率化に適用(日本郵船)


3)自動化
 未来の船舶として注目されているのは、自動航行船です。

 車の自動運転同様、なんでも自動化出来るわけではなく、まずは限られた短い距離のみの運航や、運転の一部を徐々にAIなどが担うようになることが期待されます。自動化の現状を具体例とともに見てみましょう。

・遠隔航行:遠隔地から船舶航行する技術(Microsoft/JRCS・MTI/日本郵船)
・航行支援:衝突の直前対処の課題解決(富士通)
・航行自動化:自動航行コンテナ船5隻を2019年8月に運行開始。オランダ国内か、ロッテルダム・アントワープ間航行など、短い・限定された航路での運航を予定(Port Liner)

画像1

2.今後の船舶を変える潜在技術

・AI/IoT
 自動航行や船体管理に活用されています。今後AI/IoT技術が進展するに連れ、船舶関連業務の負荷が軽減するでしょう。

・ブロックチェーン
 ブロックチェーンによる船舶管理情報が蓄積・共有され、船舶管理精度が向上する可能性があります。

・VR/AR
 AR/VRを用いた遠隔操船、メンテナンスが可能となる可能性があります。

・太陽光エネルギー/風力
 排ガス削減に向け、クリーンエネルギーの利用が進む可能性があります。

・ドローン
 センサー機能を持ったドローンが船舶と共に航行することで、対向船舶の位置や波の状況などが船舶に共有されるようになる可能性がある。

・塗料
 塗料の発達により、はがれにくさ・固着生物の付着防止効果の改善が期待されます。

画像2

3.未来の船舶

 未来にはどんな船が運航しているのでしょうか。潜在的応用技術から、未来船を想像してみましょう。

・自動航行: 航行の単純部分は自動化される。緊急時は遠隔操船も可能。
・航行支援: ドローンや衛星による状況把握、航路最適化が行われる。
       廃船計画や物資の補給計画なども自動で管理される
・荷役  : 船舶・港の荷役設備の自動化により、荷役が自動化する。
・定修  : IoT・AIにより故障や事故は未然に防がれ、船齢が伸びる。
・燃料  : 太陽光や風力などのクリーンエネルギーが動力源となる。
       これに伴い、有害な排ガスはほぼ0となる。
・大型化 : 運河改築や、物流コスト低減のため、船舶の大型化が進む。
・生物保護: 塗料・バラスト水処理技術の発達により、生物保護が進む。

まとめ

①最新船舶
『クリーン化』『リアルタイムモニタリング』『自動化』がキーワード。

②船を変える潜在技術
 IT技術、エネルギー革命、塗料の発展が船のあり方を変える可能性の大きい技術と考えられます。

③未来の船
 自動化・長寿化・大型化・環境保護などが進む可能性が高いです。無駄な修理や事故が減少し、地球環境に優しく、運航効率が非常に高い船舶事業の実現が期待されます。

写真: https://www.photo-ac.com/ , https://burst.shopify.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
船員・海運業界の方向けに、業界情報や企業紹介・求人参考情報を届けます! 魅力あふれる海運業界を目指し、船員の方の職場環境の向上と、船員・海の魅力を伝えるために活動。 Twitter:https://twitter.com/ITecMarin
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。