iPhone SEの災難?

AppleがiPhone SEを更新したご様子。


4/17予約開始、4/24販売開始。今回は4.7インチということで、旧SEより大きくなり、iPhone8をベースにしたモデルっぽい。いま「iPhone 8」と検索しても、iPhone 8のページへのリンクは出てくるものの、クリックしてももうiPhone 8のページには到達できなくなっている。

昨年秋にアップデートがあったiPhone本流のラインは、現在11。iPhone 9や8sは存在しないので、11 > X > 8と2世代前のモデルをベースにしているとみることができる。これは6s世代の時に 6s > 6 > 5s/5c と2世代前をベースに登場したと思われる初代iPhone SEと同じ世代関係にみえる。

SEというライン、「Appleは、新規設計もいらない(または最小限)、部品の調達もしやすい、廉価で売っても利益の見込めそうなラインとしてやっている」と個人的には思っている。(し、その意味で受け取っている人も少なくないと思いたい)。要するに5cの後継ライン。

ところが長らく噂でたびたび語られていたSE2はとかく「小型モデル小型モデル小型モデル」という論調。これは上記の個人的な印象と整合しない。

一つには、6/6s世代には同 Plusがラインナップされ、画面でっかい路線が明示されたこと。5cは6s/Plus世代の登場(2015/09)とともに引退し、その次の春(2016/03)にSEの登場。これは先の通り「5cの復刻(スペック面ではなくブランド内の位置づけとして)」だと個人的には受け取ったのだけど、5cがサイズ的にも価格的にもスペック的にもちょうど良かった、画面でかい路線に思うところあった層には、違うメッセージとして届いてしまったように見えた。
二つ目はもちろん名前で、SEは「Special Edition」とのこと。5cのcがなにかはたぶん明示されていないけど、当時は「cheap」「(当時新興市場だった)china」など想像または揶揄されていた気がする。cと比べればSEはスペシャルなので、当然スペシャルな意図、具体的には「スペシャルに小型ボディでスペックも良くリーズナブル」なモデルと受け取りたい。

このあたりの印象から、SEは「Appleが時々出す小型お値打ちモデル」みたいに受け取られ、特に「小型」の部分が希望とともに一人歩きする流れができていったように思う。身近にも「過去資産流用による安価モデル」が出た、ではなく「小型モデルが出た」と受け取る声は少なくなかった。でもそうじゃない。言ってしまえば「安く作れるモデルを仕込んだ。流れで小型になった。」くらいのものだと思う。

いま狙って小型モデルを設計することは、多分かなり難しいと思う。アプリの要求は日々上がって、CPU/GPUのコア数もメモリも増え、稼働時間も増え、それでいて「ある程度快適に使える」のがスマートフォン市場の前提だけど、そんななかで「小型化しました(ただし処理能力とバッテリーはイマイチです)」なんていうものは、うかつには出せない。出したら出したで、不満でサポートセンターのコストがマシマシではないかと思う。十分な快適さを小型ボディに詰め込むには、本気で、コストをかけて、設計する必要があるんじゃないか。

そしてその本気は、SE = 5c後続ラインには割かれない。やるならフラッグシップの方でしょう。

……というのが、別にAppleは明示していないけどそうみえる、という話。iPhoneは世代が更新されるたびに、過去モデルを廉価にして提供し続けている。なので、「SE2(※小型モデルのこと)が出るぞ!」とはたびたび見かけるものの、(実質)SE2(に相当するモデル)は常にあるという状態だったと思う。このたび晴れてSEのアップデートとして、SEデビュー当時の伝統よろしく2世代前ベースっぽいモデル --ちゃんとスペックの割にコンパクトで安い-- が出たけど、SE2 = 小型モデルを期待していた向きには、「デカい」という感想になるのかもしれない。Appleにはその気はないのだから、仕方ない。

SEはcから続くラインで c はcheapとも揶揄された、という見方をしたものの、「枯れててイイもの」を作る&長く売るのはAppleの伝統芸でもある。初代SEが多くの思い込みや希望を背負ってしまったのは、それだけバランス感覚に優れて人気を博したということだと思う。フラッグシップは新し物好きに高く売っておいて、そうでもない層にはそうでもないものを用意する。とても順当な商売だと思う。

また3世代くらい経たら、今度は11世代あたりをベースにリファインしたSEが出るのではないかと想像する一方、SEとか廉価ライン云々ではなく本流の方で本腰入れて小型なモデルにも取り組んでくれないかな、とも思う。期待せずに待ってるぜApple。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よければサポートいただけますと喜びます。

技術本を作るサークル、Circke Qtのksです。 BOOTHにて既刊お求めいただけます > https://circleqt.booth.pm  普段はフリーランスCG屋、テクニカルライター、講師業などしています。

こちらでもピックアップされています

雑想
雑想
  • 6本

制作関連以外のなにか考えたことなどを書いていきたいと思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。