齊藤木 一紗

小説を書いて生きていきたいひと。 ISSYA Booksというサークルのようなものを運営しています。
  • 生の色彩 第一話 秩序【PDF版】

    生の色彩 第一話 秩序【PDF版】

    死は厳格である。 死のないものに生はなく、 生なきものには死もまた、ない。 この星ですら、いつかは死ぬ。 死神は、最も公平な存在なのだ。 ------------------------------------------------------------------------- 『生の色彩』特設ページ(無料で立ち読みができます) https://books.issya.net/issya-books-list/shikisai/ ------------------------------------------------------------------------- ■価 格 ¥550 ■言 語 日本語 ■発 行 2020年10月23日 ■形 式 PDF ※領収書は発行しません。 ※PDF形式の電子書籍を読むには、専用のリーダーソフトが必要です。 お客様の環境に応じたリーダーソフトを入手してご覧ください。 ※PDF形式の電子書籍を読める環境にない状況で本書をご購入いただいた場合、 返金はいたしませんので、ご了承ください。 ------------------------------------------------------------------------- お支払は、クレジットカード決済のみとなります。
    550円
    ISSYA Books
  • 幻償【PDF版】

    幻償【PDF版】

    朝、妻が死んでいた。 スマートフォンの目覚ましボイスに残されていた犯人のメッセージは、 紛れも無く自分自身の声だった――。 作品は売れず、サイン会も散々な結果に終わり、 自信喪失した小説家が禁断の手術――『才能を得るための脳手術』を受ける。 手術直後の経過は順調だったが、 やがて次々と起こる理解不能な自身の異変に振り回されていく。 身に覚えのない殺人に対する償いとは。 三人の償いは正しいのか、それとも間違っているのか。 その答えを求め、彼らは自身に問い続ける。 ------------------------------------------------------------------------- 『幻償』特設ページ(無料で立ち読みができます) https://books.issya.net/issya-books-list/gensyo/ ------------------------------------------------------------------------- ■価 格 ¥1,620 ■言 語 日本語 ■発 行 2019年4月1日 ■形 式 PDF ※領収書は発行しません。 ※PDF形式の電子書籍を読むには、専用のリーダーソフトが必要です。 お客様の環境に応じたリーダーソフトを入手してご覧ください。 ※PDF形式の電子書籍を読める環境にない状況で本書をご購入いただいた場合、 返金はいたしませんので、ご了承ください。 ------------------------------------------------------------------------- お支払は、クレジットカード決済のみとなります。
    1,620円
    ISSYA Books
  • 生の色彩 第一話 秩序

    生の色彩 第一話 秩序

    死は厳格である。 死のないものに生はなく、 生なきものには死もまた、ない。 この星ですら、いつかは死ぬ。 死神は、最も公平な存在なのだ。 ------------------------------------------------------------------------- 『生の色彩』特設ページ(無料で立ち読みができます) https://books.issya.net/issya-books-list/shikisai/ ------------------------------------------------------------------------- ■価 格 ¥660 ■文庫版 56ページ ■サイズ 14.8 × 10.5 × 2.28 cm ■言 語 日本語 ■発 行 2020年10月23日 ※領収書は発行しません。 ※イベントへの出品により、在庫数が変動することがございます。 ※お届け日・時間帯は指定できません。 ------------------------------------------------------------------------- お支払は、以下よりお選びください。 ・クレジットカード決済 ・キャリア決済 ※各支払手数料は、お客様のご負担となります。
    660円
    ISSYA Books
  • もっとみる

夢思変

第一部 地獄の底から見上げる景色は    天の空から見下ろす景色は 万華鏡のように美しい       死肉に群がる蛆より醜い 踊る光に翻弄されて        貪…

【掌編小説】赤は、情熱の色、血の色、罪の色

ある人が、赤は情熱の色だと言っていた。ある人というのは、まぁ、僕の愛していた女性なんだけど。昔の話さ。 彼女は赤が好きで、着る服はいつもどこかに赤をしのばせてい…

【掌編小説】真ッッッッッッ黒

目が覚めると、ベッドの脇に彼女が立っていた。彼女の家のベッドを占領して、いつの間にか寝てしまったらしい。彼女は深刻な顔でこちらを見ていて、あぁ、こりゃ怒られるな…

【掌編小説】闇を照らす光は、希望か、絶望か

何故かは分からないが、真っ暗闇の中で、首から下が地中に埋まっていて、身動きがとれない。最初は、足首までだった。だから、このぐらい平気だと軽く見ていたのが間違いだ…

パスワード

パスワードが増えて、メモをとらないと覚えきれなくなった。 同じパスワードを使うのは危険と言われているので、仕方なく毎回違う文字列を入力している。面倒と思う反面、…

note始めました。

こんにちは。齊藤木 一紗と申します。 仕事の傍ら、小説を書いております。 書き上げた小説は、ISSYA Books という サークルのような個人版元のような団体から発行してい…