見出し画像

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018作品紹介第2回「我が道を行く」

今年の夏に参加させて頂いた横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018、約一年間ほぼ毎日ねこ写真をアップして選ばれた栄光だったわけですが私にとっては今まで撮りためてきた猫写真の現時点での集大成と言う位置づけで臨みました。

noteではまず横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展で展示した作品の紹介をして行こうと思っています、これまで阪井壱成の猫写真を見てくださっていた方にも初めて見てくださる方にも私がどんな写真を撮るのか?その人となりを知って頂くにも作品紹介をして理解を深めて頂くのが一番だと思っております。撮影の状況や裏話、使用機材や撮影のコツなどもどんどん書いていきたいと思っております、猫好きの方、写真好きの方、これから猫を撮りたい方etc様々な方が楽しめれば幸いです。

さてまず一枚目、猫写真展では一番最初に特大のA1サイズで展示されていました「我が道を行く」です。

使用機材はD4s+AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D EDです、使用レンズは古いレンズですがこれが私の猫撮り機材の標準だったりします、中望遠ズームは外猫撮りの標準レンズですが自分はこのレンズを愛用しています。

場所は都内の某ネコスポット...の帰り道、今日も沢山撮ったと満足げで完全に気を抜いていた瞬間でした。坂道の上から白線の上を歩く猫が一匹、なんとずっと白線の上を歩いてくるではありませんか!小学生の自分ルールか!と思う自分をよそに猫はどんどんこちらに迫ってきます、猫撮りを終えてカメラをカバンに片付けていた私はあわててカメラを撮りだし連写でシャッターを切り続けたのでした。

白線をふさぐようにカメラを構えて撮る私に猫がどんどん迫ってきます、白線を歩き続けていた猫ですがふさいでいる私の前に来るとひょいと避けて...なんと私を追い越すとまた白線の上に戻る猫!凄いやっぱりこいつは白線の上を意識して歩いていたんだ!終始興奮する自分をよそに猫は白線の上を止まることなく進んで消えていきました。

一応証拠写真も貼っておきますね(笑

嘘のような本当な話、今でもこれは本当にあった事なのかな?と思う事があります。思いがけずこんな凄い写真が撮れてしまったわけですが外猫とは他の動物写真と同じく自分の思い通りに撮れる方が少ない被写体です。いつも気を抜かず注意深く行動する、そして事態が起きた場合は素早く即応する、それが外猫写真家に求められる技能の一つであることは間違いないと思っています。

こんな感じでこれからしばらくは横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018で展示した写真の紹介をしていきたいと思います、よろしくお願いします。

因みに私の撮ったねこ写真はツイッターホームページでも見る事ができますのでよろしくお願いします。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

現在ねこ写真集出版のためのご支援をお願いしております。 こちらでご支援頂いた金額はねこ写真集出版に使われます。

スキありがとうございます、励みになります。
5
ポートフォリオサイト→https://www.issei-sakai.com/ 陸上自衛隊10年勤務→フリーランスカメラマン 2019年 第2回写真出版賞エンターテイメント部門最優秀賞 2018年「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018」出展 2016年「さんぽキャッツ」3冊同時発売