見出し画像

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018作品紹介第4回「後光」

使用機材:D4s+ ai af Nikkor 80-200mm f2.8

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018作品紹介第4回「後光」です。

この写真は横浜赤レンガ創庫ねこ写真展での「光・一瞬」という展示テーマの切っ掛けになった写真です、もともとは「猫のいる東京の風景」というテーマで猫写真を撮っていて背景を大きめに取って猫のいる風景を撮りためていました。

猫の大きく映る写真が嫌い、猫が大きく映ってたらカワイイのは当たり前だしそこにカメラマンの撮影技術が介在するところなんてあるの?と言うのが自分の持論、でも悲しいかな世の猫写真はとりあえず猫が大きく映ってて可愛い仕草や表情していた方が受けが良い、じゃあ自分なりに一ひねり加えて撮ってみようと始めたのが「光・一瞬」というテーマ、じゃあ猫ではあまりやってないけど女性ポートレートではよくある(実は女性ポートレートのそういうありきたりな表現も嫌い)逆光やボケを多用した表現を使おうと言った具合。

ただこの猫に逆光やボケを使うと言うのがまた結構難しいのですよね

なかなか猫がそういう条件の場所に出てきてくれない!

人ならバックに光源のある場所に来てもらえば簡単に撮れる表現なのですが気まぐれな猫はそれが難しい、結果としてその一瞬をとらえる必要性がでてきたためテーマは「光・一瞬」になりました、一瞬のシャッターチャンスという意味で光やボケを意識した以外の決定的瞬間な写真もありますけどね。

さてこの「後光」と言う写真、見てのとおり黒猫が太陽の光を背に写っている写真なのですが黒猫と言うのは割と猫撮りでは難しい被写体でとにかく真っ黒に潰れてしまって黒い塊になってしまう、この写真も実はもとになった写真は若干黒潰れしていてRawからソフトで現像時に黒潰れを解消しております、それでも光を浴びて毛羽立つ体毛や耳に太陽光が透けて印象的な表現になっていたり意図した通りに撮れた写真です。

まぁただこういう写真がウケるだろうと撮っていますが実際ウケているかどうかはまた別ですけどね(笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援頂いたものは主にそとねこ写真を撮るフイルム代にかわります(笑 noteでご支援頂いたものは基本noteの記事に還元するのがモットーです。

スキありがとうございます、励みになります。
1
ポートフォリオサイト→https://www.issei-sakai.com/ 陸上自衛隊10年勤務→フリーランスカメラマン 2019年 第2回写真出版賞エンターテイメント部門最優秀賞 2018年「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018」出展 2016年「さんぽキャッツ」3冊同時発売
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。