スクリーンショット_2018-01-18_22.33.20

コンピュータに将棋や囲碁の名人が勝てない事と車に陸上選手が勝てない事は一緒?

タイトルになっているこの問題みなさんはどう思いますか?

人前で話す機会があると私よくこの質問をします。その結果は一緒ではないと考える人はだいたい7〜8割いる印象です。ある意味、不思議ですよね。だって一緒である理由は簡単です。人間が作ったものに人間(生身)が勝てなくなったわけですから。文明の進歩はこのように重ねられてきたわけですよね。

一緒でないと答える人たちの理由は究極的には一つだと思います。肉体の技と精神の技は違う。これが理由だと思います。

産業革命によって我々の文明は飛躍的に進化したと言えると思います。ここからは私見なのですが、この産業革命によって「力持ち」の価値がすごい下がったのではないかと予想しています。それまでは家を立てるのも橋を作るのもすべて人力で力持ちによってなされていたわけですから。

産業革命後に発生したラッダイト運動。労働者たちが工業機械を打ち壊した。

現代社会において、100kgのバーベルが持てると聞くと、確かにすごいとは思いますが、どうでしょうか。一方で「あなた賢いですね」というのは間違いなく最高の褒め言葉の一つですよね。

人工知能の台頭によって人間は知能の誇りを失うのかもしれません。ちょうど機械によって肉体の誇りを失ったように。

でも逆に考えると肉体の誇りを失ってしまっても、今となっては全然平気ですよね。将棋界だって近年最高の盛り上がりを見せています。知能の誇りを失ってもきっと人間は新しい価値観を見つけて育んで、世界を楽しんでいくと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😄 RTしてくれるともっと喜びます😁
31
名人に勝利した将棋プログラムPonanzaの作者です/東大卒/愛知学院大学特任准教授/東大客員研究員/HEROZ(株)リードエンジニア/著書「人工知能はどのようにして名人を超えたのか?」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。