見出し画像

今回のテーマは、頭の悪い人にありがちな行動です。

頭の悪い人が必ずやってしまっている行動ってありますよね。

画像4

ところでみなさんは頭の良い自信がありますか?

 

頭が良い悪いという話をするとみんな先天的なものだと思っています。

 

でも、実はそれは思い込みで99.9%の人は先天性とか関係ありません。

 

ほとんどの人が脳の性能自体が同じだけどうまく使えていない。

 

頭の使い方を知らないので、性能を引き出せていないのです。

 

頭が使うのが苦手な人がやっていないあることをずっとやってきたからです。

 

議論の場でほとんどいけんできない人、話したとしてもすごく浅かったり、的外れなことを言ってしまう人、そう言った人はこのあることができていないんです。

 

これさえできれば、その瞬間からできるようになるとはいいませんが、続けるうちに格段に賢くなります。

では、早速いきましょう!

画像3

ソクラテスの言うことによれば、言葉巧みなスピーチはまやかし

 

今回登場するのは古代ギリシアの哲学者ソクラテスです。

 

紀元前300年前ぐらいにいた人です。

 

古代ギリシアにおいても弁論がうまい人は出世できました。

 

ソクラテスが伝えたかったことは、言葉巧みなスピーチだと真実に辿り着けないと言うことです。

 

しゃべりがうまいと人を納得させて動かすことができるかもしれないが、それは言葉巧みに操っているだけで意味がないと言うような主張をソクラテスはしました。

 

この話はすごく僕も納得しました。

 

スピーチは情熱的で、その人に信頼できて、共感できたらみんな納得してくれる。

 

その言っている人の内容が本当に正しいかなんて聞いている側はその一瞬で判断なんかできない。

 

もちろん、話してからすると、みんなが都合よく動いてくれて良いかもしれません。

 

でも、聞いている人も大勢も含めた全体の視点で考えると、一方的な話がうまい人のスピーチだとみんなで本当に正しいことは何か?と真実に近づくことは無理なんです。

 

だからソクラテスは、真実に近づく道は対話しかないと強く主張したんです。

 

言葉巧みに人を動かす弁論ではなくて、対話をしろと言っているのです。

 

対話をすればお互いの考えをよりブラッシュアップすることができると考えられたからです。

 

そうすれば、真実にたどり着くことができると考えたのです。

 

今の時代は科学が発展してなんでも科学で説明できるようになっています。

画像2

頭が悪い人が必ずやってしまっていること

 

今生きている現代の人たちよりも、古代ギリシアの人達のような昔の人の方が本当の意味で頭が良かったと思います。

 

これはどう言うことかと言うと全部自分たちで考えないといけなかったからです。

 

今の人たちは何をやるにしてもスマホをぱっと取り出して、グーグルで答えを調べてその通りに行動しようとしますよね。

 

自分で考えることをせずにだれかの出した正解を探して、それをなぞって生きることに慣れてしまっているんです。

 

全てのあらゆることに誰かの決めた答えがあるせいで、もう自分で考えることをやめてしまう。

 

一方で世界で最も市場価値が高い人たち、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、ジェフぺゾスみたいな人たちは誰かの決めた正解をなぞった人たちでしょうか?

 

みんな自分で考えて、自分なりの答えを自分の真実を追求してきた人たちです。

 

答えを出す人ではなくて、問いを作れる人が本当の意味で市場価値の高い人になる。

 

今の自分たちは膨大な知識はあります。

 

でも、自分で考える知恵は弱くなっているのではないでしょうか?

 

この知恵がなくなった人がまさに頭の悪い人たちなんです。

 

そう頭の悪い人にありがちな行動は自分で物事を解決せず、人に頼ることなんです。

画像1

ではどうすれば、頭がよくなるのか?

 

相手とは逆のポジションを取ることです。

 

 言い換えると相手とは逆の立場で否定的に物事を見ると言うことです。

 

一体なぜ逆の立場で物事を見るのがいいのか?

 

そうすることによって物事の本質に近づくことができるからです。

 

何でもかんでも相手の意見を否定しろって言うわけではありません。

 

否定ばかりしていると信頼されませんし、人間関係も悪くなります。

 

あくまで頭の中で相手の考えとは逆の立場をとるだけであって、その否定する言葉を相手に直接言うわけではありません。

 

みんなさんも試しにやってみてください。

 

なかなかできない人もいるのはわかります。

 

そう言う人は相手と逆のポジションを取ることが悪いことだと思い込んでしまっている。

 

コミュニケーションは常に相手に合わせることが正解だと思い込んでいるんです。

 

それはただ相手に媚びて依存しているだけなんです。

 

八方美人になるだけで信頼されなくなるし、誰も幸せになりません。

 

あなたが本当に良い人間関係を作りたいのであれば、自分の意見をしっかり持った上で相手の感情を傷つけないように適切な伝え方をする。

 

逆の意見を持ってみると言うことは相手を否定することではありません。

 

むしろ相手に気づきを与えて喜ばれることもあります。

 

ぜひ、相手の意見とは逆のポジションをとってみることに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ただ今YouTube動画制作に向けて、サポート募集中です。 オリジナルマンガやオリジナルのボカロ曲を制作していきたいので、ぜひサポート応援よろしくお願いいたします。

よろしければ、シェアもお願いいたします。
37
いくつもの会社で売り上げに貢献しております。 個人的な価値観とかのまとめ 出身地 大阪です。 趣味は、読書(自己啓発本、ビジネス書) 日々ビジネスの研究をしております。 twitterでフォロワー5600人突破いたしました。 毎日朝8時に記事更新いたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。