見出し画像

いわしくらぶ東京店って、どんなカフェ?

皆さん、こんにちは!

いわしくらぶ店主・磯川 大地(いそかわ だいち)の似顔絵です。

画像1

この絵をみると、いつもニヒルな感じの笑みを浮かべている嫌なヤツと思うかもしれませんが、実物は屈託のない笑顔をわりと誰にでも向ける純粋なおじさんです。はい。

はじめに申し上げますが、弊店『いわしくらぶ』はいわし料理の専門店ではありません。

シーシャ(水たばこ)のあるカフェです。

現在は北海道北見市、東京都千代田区(水道橋)、富山県八尾町に店舗があり、それぞれでシーシャを提供しています。

今日はそのなかでも水道橋にある「Book&Shisha いわしくらぶ東京店」のもつ、3つの特徴についてお話ししたいと思います。

画像2

①東京のまんなかにあるシーシャカフェ

いわしくらぶ東京店は、水道橋にあります。

東京ドームに用事のない限りはあまり使うことのない駅。それがJR水道橋駅です(悲しい)。いわしくらぶ東京店は、そんなJR水道橋駅西口から徒歩1分の立地にあります。

画像3

水道橋駅は皇居の近くにあるので、こうしてシンプルな地図でみると東京のど真ん中にあるようにみえます。また実際に、JR水道橋駅には千葉から三鷹まで抜ける「中央・総武線」が通っているので、渋谷や新宿などの西東京、東京や新橋などの東東京どちらからもアクセスしやすいのがいいところです。

画像4

(出典:JAPAN SHISHA TIMES

②1000冊の本があるシーシャカフェ

いわしくらぶ東京店にはシーシャの他に、1000冊の本を置いています。

画像5

店主である僕が本が大好き(10代のころは本屋さんに住み込みで働いていました)で、 “世界一の古書街” 神保町に近いため「ここにはたくさんの本をおこう!」と考えました。自然光を取り入れるための大きな窓もついています。そのおかげで風が抜けるため、煙も溜まりにくく「え?ここは本当にシーシャカフェなの?」というくらい煙たくないシーシャカフェであるというのも大きな特徴です。風通しがいいんですね。

本もシーシャも好きな自分は「本がゆっくり読める明るいシーシャ屋さんが欲しい!」と前から思っていたので、同じようなことを考えている人にぜひ利用してもらいたいなと思っています。最高でしょ?

③人との出会いがあるシーシャカフェ

画像6

最後に、いわしくらぶ東京店のもっとも大きな特徴は「社交場としてのシーシャカフェ」である、ということ。言い換えると「出会いがあるシーシャカフェ」である、ということです。

ここには日々さまざまな方がやってきます。学生や会社員もいれば、起業家やアーティストもいます。さまざまな人がやってくるのはどこの飲食店も同じかもしれませんが、他と違うのは初対面のお客さん同士が話す機会が多いところです。

じつは、いわしくらぶ東京店ではそれを生み出すためにお客さん同士の会話が生まれやすいように席を配置しています。(だけど、適度な距離も保てるように席と席の感覚は広めにとってあります)

画像8

というのも、せっかく同じ空間にいるシーシャというニッチなものを求めて集まった人同士なので、その感性には近いところがあると思うのです。実際に店に立っていると「この人にこの人は合いそうだな〜」と感じる場面も多々あります。

広い世界で独りぼっちになりたいと望めばいくらでもなれるいまの世の中、たまには社交場のような場所で群れるように過ごすひとときがあってもいいと僕は思うのです。

人との出会いを通して、人生をほんの少し広げてみること。毎日の生活にひとつまみのスパイスをとり入れること。いわしくらぶ東京店ではそんな体験を皆さまに提供したいな、と考えています。

あなたも、たまにはいわしのように群れてみませんか?

画像8


--------------------------------------------


▼Book&Shishaいわしくらぶ東京店のTwitterはこちら!

▼【8/26】いわしくらぶで落語会やりやすヨッ!

▼【9/8】いわしくらぶでチルナイト過ごしませんか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いいのかい?

ぼくもスキ
11
いわしくらぶ店主 / Northcamp Inc. / OCHILL Inc.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。