見出し画像

小商いブランドのつくり方/命名編/

誰でもブランドはつくれます。

ただ、どうやって作ればいいのか、作ったはいいがどう運営するのか、継続していく方法等々、学校では具体的に教えてくれないし、ネット上の記事は玉石混交、セミナーあれど大体都会…てな感じで適切な情報を得られない方向けに、私の経験(主にアパレル)を元にしたTIPSを書いていこうと思います。

※私が2015年から3人で共同運営しているSAGYOでは、「農作業からDIYまで体を動かす作業のための衣服」を、岡山県倉敷市にある児島という産地で生産しています。
自社オンラインや日本各地で行う販売会で手売りしていて、私は衣類のデザインと生産管理、販売会の窓口や経理などを担当中。

ちなみに、ここでいう「小商いブランド」とは、個人事業主が個人レベルで運営するブランドのことです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は命名編。

この続きをみるには

この続き: 1,868文字 / 画像1枚

小商いブランドのつくり方/命名編/

イワサキケイコキカク

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは、取引工場への差し入れ資金に使わせて頂きますっ!

頑張って書いたので涙が出るほど嬉しいです😭💨
94
岡山県で、道具としての衣類に特化したセルフプロダクション(企画から販売まで一貫して行う小規模メーカー)やってます。野良着をベースにした作業着ブランドSAGYOを共同運営中。日本の風土に合った良質な国産生地でつくる衣服のブランドと、オンラインギャラリーを同時に立ち上げ予定。