プレミアリーグ トッテナムVSリバプール 最善を尽くしたモウリーニョと結局勝つリバプール

・スタメン

リバプールは現在起用できる選手の中ではベストなメンバーで移籍間もない南野はベンチ。
スパーズはローズが久々のスタメン、後はソン・フンフンミンが出場停止から復帰で、注目は右サイドバックで起用されてるタンガンガ。
なんとプレミアデビュー戦で本来はCB(センターバック)です。
モウリーニョといえばイバノビッチをRSB(右サイドバック)で使ってたり、インテルの時もキブをLSB(左サイドバック)にしたりして、サイドにも守備力を求めてる傾向があり、この試合もそこを意識しての起用だと思います。

また、普段SBのオーリエを一列前で使っています。SH (サイドハーフ)というよりはWB(ウイングバック)という方がしっくりきます。

【モウリーニョの策】

戦前の予想ではモウリーニョは得意のバスを並べる戦術で来るのではないかという予想もありましたが、守備的ではありましたがバス戦術ではありませんでした。

リバプールの怖いところは大きく分けると3つ
・SBの攻撃力
・ハイプレス
・フィルミーノを起点とした中央突破

その上でモウリーニョは自分達の戦力を分析して最善のプランを用意したのかなと思います。

まずボールをもったらシンプルに前線のスペースにボールを入れてルーカス等を走らせます。
後ろからのビルドアップを放棄することで、ハイプレスの餌食になることを回避します。

その上で相手ボールになったときは低めの位置でしっかりブロックを組みます。

基本のプレスはアリが一列前に出て、ルーカスと2トップを形成しますが、ハイプレスは行わずハーフラインより少し前から、牽制する程度。
SBのケアはソンとオーリエが行います。
ソンはスピードがあるので、ハーフスペースからスライドしてアーノルドに行きます。
オーリエは時に5バックになることも厭わずロバートソンについていきます。

ちなみにこれはアンカーのヘンダーソンが最終ラインに降りるパターンです。

ワイナルドゥムが左のCB横に降りて、ロバートソンを前に押し上げるパターンです。
ワイナルドゥムが低い位置で持ってるときはルーカスがプレスに行きますが、高い位置でもたれるとエリクセンが中を切りながら寄せます。
その時、ウィンクスがスライドしてアリが降ります。

アリが降りる前だとウィンクスの横のハーフスペース空いてしまいます。
マネ、サラーが降りるときはトッテナムの両SBがついてきますが、フィルミーノ、チェンバレンは捕まえきれなく、縦パスを通されることが何回かありました。
しかし、その後最終ラインが落ち着いて対応していたのと、中盤が素早くプレスバックしていたのでチャンスは作らせません。

中盤と最終ラインの間は厳しく行きますが、前線と中盤の間は厳しく行きません。
そのため、フィルミーノが特に頻繁に降りてきていましたが、中盤の前では容易に受けることができる状態でした。

SBをケアしつつかつコンパクトにさらにカウンターも繰り出せる状態を作ろうとすれば、捨てるところも当然あるので、フィルミーノにある程度やられるのは想定内だったと思います。
そういう意味で37分にスローインからフィルミーノに決められたのは非常にもったいなかったかなと。
確かにリプレイを見るとマネに当たっていてスパーズボールのスローインではありますが、ちょっと集中を欠いでいたと思います。
ゴール自体はフィルミーノのスーパートラップがうまかったので、マークしていたタンガンガは責めれないと思います。

【後半間延び気味のスパーズ】

後半も前半と同じようにトッテナムがカウンターを狙い、リバプールがボールを持つ展開。
ただ、リードされてるからかトッテナムの前線がリバプール最終ラインにプレスをかけるようになります。
ただオーリエは高い位置を取らないのと、真ん中が2枚しかいないので、前に出づらい。
結局間延びする形になってしまい、ボールを奪えない状態が続きます。

また、リバプールは仮にスパーズが前にプレス隊を増大してきたとしても、後ろの人数を増やしたり、アリソンを使ったりして回避することができます。

【勝負に出るモウリーニョ】

スパーズは、リバプールがチェンバレンに替えてララーナを投入した8分後の24分に勝負に出ます。
ロチェルソとラメラをそれぞれローズとエリクセンに替えて一気に2枚替えを決行します。
タンガンガをLSBにし、オーリエを本来のポジションのRSBに降ろして、その前にラメラ、
ウィンクスアンカーでその前にロチェルソとアリの4-1-4-1気味にシステムも替えます。
その結果、守備の時も前からいけるようになり、高い位置でボールを奪える機会が増えます。

ボール保持時は、真ん中に人数を集めて、レシーバーを増やします。
むしろモウリーニョがスパーズで最初の方やっていたオーリエとソンに横幅取らしてハーフスペースに人を置くやり方に近い形だと思います。
また、リバプールは疲労とスパーズが前がかりにきたこともあり、引いてブロックを作る形に切り替えます。
その結果、ウィンクスのところが空き始めます。

中央に人を集めて恩恵を受けたのはオーリエで、中でポイントを作ってオーリエ、からのラメラハーフスペースみたいな形を作ることができるようになります。
逆のソンからオーリエに渡ってそこからのクロスでロチェルソが決定的なチャンスを迎えますが、決めきれません。

ただ勝負に出たモウリーニョが理想とした形は作れたと思います。

それでもやはりリバプールが最後試合をクローズして勝ち点3を獲ることに成功します。

【雑感】

リバプールはボールを持つ展開でもしっかり点をとる形に持っていけるし、ハイプレスも交わせるし、逆にハイプレスをやらしても強い。
ほんと何でもできるチームになってしまったなという印象です。
また、この試合展開で、まだ戦術理解が浸透してない南野が使われないのも仕方ないのかなと思います。
後は、怪我の功名というかゴメスが使われるようになってから、スピード系の相手にやられることがほとんどなくなりました。
元々の身体能力が高いこともありますが、予測というか縦パスが入る前に、先にスペースに動き出せているから、ほとんどやられることがありません。
この動き出しが早すぎるとギャップができてしまうのでここの駆け引きは非常に難しいと思います。
今後クリーンシートが増えそうですね。

スパーズはスパーズでアルデルヴァイレルトの戻りながらのクロスの処理が非常に上手いなと思いました。
SBへのプレスが比較的効いていたこともありましたが、クロスからやられなかったのはアルデルヴァイレルトの対応が上手かったからっていうのも多いにあります。
後はサンチェスのカバーもよかったので、サラーがぶっちぎれそうな場面も凌いでいました。

この試合は両チームのCBだけみても非常に勉強になる試合だったかなと思いました。

とりあえずモウリーニョとしてはやることはやったのでこの試合の負けはそんなに悲観することはないと思います。
リバプールは逆にどこまで続くんだって感じた試合でした。

#プレミアリーグ
#リバプール
#トッテナム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
海外サッカーほぼ毎日見ます。もちろんJリーグもみます。とにかくサッカーをもっと知って勉強したいので、面白いチームと面白い試合は必ずチェックします。フットボリスタ毎月購読してます。バルサファン歴15年くらいで、後はにわかグーナーです。多分レビューはあんまりしません笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。