2019.7.9


先日は、パートナーの職場であるホップの圃場におじゃましてきた。

病気になりながら、虫に食われながら、育つ。

苗植えしたあとは芽が出て草が伸びてくる。誘引して上へ上へ。高さが3~4mになるから、ホップ農家は、高所作業者だ。

↑グリーンカーテンになる。


↑ここからホップになっていく。

↓育ってるもの。

ホップのなかにはルプリンという黄色い粒がたくさん入っていると学んだ。

成熟するとものすごくいい香りを放つ。


収穫時期はまだ少し先だけど、昨日、実っているホップを手にとって掌に擦り付けると、すでに柑橘とホップの香りがものすごくて。

匂いがおかずになりそうな感じだった。

一時期、ストレスで息ができなくて、過呼吸のような酸欠のように苦しくなった時があった。電車移動では視界がぐるぐる回って、頭が変になった。その時期にラベンダーやらなんやらの香りをお守りのように使っていた。目を閉じて、嗅ぐと落ち着いた。匂いは脳に直接作用するのだと思う。


ホップ、収穫が楽しみ。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
写真撮る人。 現在の姓、池田。 2019年6月に東京から石巻へ引越しました。パートナーはホップ農家へ。