第88号:勝負に生きる者たちの「孤独論」。棋士とGKは、孤独にどう向き合っている?

第88号:勝負に生きる者たちの「孤独論」。棋士とGKは、孤独にどう向き合っている?

でんでーん、いしかわごうです。

前回の予告通り、Number Webの企画で行った
将棋好きのサッカー日本代表GK中村航輔選手と、
サッカー好きのプロ棋士・中村太地六段による「中村対談」の
取材話をしようと思います。

この続きをみるには

この続き: 2,283文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第88号:勝負に生きる者たちの「孤独論」。棋士とGKは、孤独にどう向き合っている?

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

ありがとうございまっす!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。