第94号:カップ戦から考える、「強いチームって何だろう?」という話。

第94号:カップ戦から考える、「強いチームって何だろう?」という話。

でんでーん、いしかわごうです。

本日もフロンターレの試合開催(天皇杯)に伴い、この時間帯にメルマガを配信しております。天皇杯4回戦の清水エスパルス戦です。

前回のメルマガではACL浦和レッズ戦に向けた内容だったわけですが、
たくさんの反響をいただきました。ありがとうございました。

残念ながら、川崎フロンターレはACLベスト8突破ならず。
この試合に関する分析や、取材を通じて感じた僕なりの見解は
noteのレビューで語っているのでそちらを読んでほしいのですが、
久しぶりに気持ちの整理がつかない試合でした。

しかし、三日後にはすぐにリーグ戦が開催されるという日程。
一週間のインターバルがあった清水エスパルスに対して
フロンターレの選手たちがどういう姿勢をピッチで出してくれるのか。

そこに注目していたところ、素晴らしい内容で敵地で3-0での勝利。

この続きをみるには

この続き: 2,314文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

第94号:カップ戦から考える、「強いチームって何だろう?」という話。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。